大使と結婚したオランダの政府職員はレバノンの爆発で亡くなりました (オランダ)


  • 1-1-2
  • トップストーリー
  • 大使と結婚したオランダの政府職員はレバノンの爆発で亡くなりました

    オランダのレバノン大使の妻である公務員は、今週初めにレバノンでの爆発で負傷したため死亡した。 Hedwig Waltmans-Molierは55歳でした。

    政府は、「困難または危険な状況が要求される」場合でさえ、オランダに代わって海外で働くことへの彼女の取り組みを称賛しました。彼女は38歳の夫、ジャンウォルトマンズ大使と2人の子供を残します。

    彼女は最近、人事チームのメンバーとして、ハーグとベイルートの間で交代しました。彼女は大規模な爆発で負傷したオランダ人6人のうちの1人であり、150人以上の命が奪われ、5000人が負傷しました。

    Waltmans-Molierは、1994年にハーグで外務省に働き始め、最終的に外交官の一員となりました。彼女の外国での投稿には、ダッカ、ルサカ、ハルツームでのスティントが含まれていました。

    「ベイルートでの大規模な爆発の結果、同僚のヘドウィグウォルトマンズモリエ氏が早すぎる死に至り、私たちは深く悲しんでいます。私たちの考えは彼女の夫、その子供たちや他の家族と一緒です。」と外務大臣のStef Blokと外務大臣のSigrid Kaagが共同声明で述べた。 「私たちの同情は彼らに出て行き、私たちは彼らにこの大きな損失に対処するためのあらゆる力を望みます。」

    生き残った家族や同僚に自分の考えを伝えたいと願う一般の人々のために、哀悼の意が示されました。

    「彼女は同僚から愛され、彼女はとても寂しくなります。彼女の死は外務省と国の損失である」と大臣は言った。

  • ベイルート
  • ベイルートの大使館
  • ヤン・ウォルトマンズ
  • 外務省
  • シグリッドカーグ


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です