多くの若い女性公務員が定期的にセクハラに直面しています (オランダ)


  • 政治
  • 多くの若い女性公務員が定期的にセクハラに直面しています

    35歳未満の女性公務員の7人に1人は、公的部門内の差別の程度を掘り下げた新しい政府の調査の結果によると、職場での望ましくない性行動を定期的に経験しています。

    内務省および王国関係省が委託し、オランダ統計局が実施した調査によると、全公務員のさらに9%が、過去1年間に経験した差別を経験しており、これには年齢、性別、性的指向、肌の色、または宗教。

    同省の国務長官関係レイモンドノップス氏によれば、この調査により、「望ましくないマナー」が公共部門の職場に浸透している程度が明らかになりました。

    「従業員がお互いを理解し、組織が行動に対して責任を負うことができるオープンで安全な文化を持つことは、優れた公的理事会にとって不可欠です」とKnopsは、下院議長のKhadija Arib宛の手紙で手紙を書いた。

    オランダ全土で約4万人の公務員を対象に実施した調査によると、大多数の政府職員(80%)は、組織が望ましくない行動に対抗するのに十分であると信じています。

    しかし、Knopsの書簡によると、それでもなお、調査結果は、公共部門の職場、特にD66 MPシェールドシェールズマによって擁護されている差別撤廃の取り組みにさらに注意を向ける正当な理由を提供しています。 2018。

    「中央政府内の整合性に継続的な注意を払うことが重要である」とノップス氏は書き、内務省と王国関係部は今後数週間でより堅実な措置を講じる予定であると付け加えた。

  • 差別
  • 性的嫌がらせ
  • レイモンド・ノップス
  • Sjoerd Sjoerdsma


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です