場所と人々の命名におけるアラブ人の天才…モデルとしてのジェルファ地方 (アルジェリア)



この研究の目的は、主に「メディアパトロニミクス」および「地域またはトポロジー」ブランチを通じてオノマティクスに注目を集め、口腔言語の遺産を保護および評価するプロジェクト内のジェルファ地域のすべての場所、人、部族の名前のデータベースを確立することです。私たちは、この目標が高貴で包括的であり、歴史、考古学、遺産、地理学の分野に注がれていると信じています。このような研究により、色のついた詩、ことわざ、知恵、工芸品、および伝統的な産業の人気のある遺産、つまり物質的および非物質的な遺産を文書化して理解することもできます。

地理的な名前への関心はアラブ人の間で古く、辞書は「国の辞書」を残したアルハムウィアルハムウィ(約12世紀)のスタイルで書かれており、彼は散文や詩、歴史の本、場所の名前を大切にした他の本などの旅を書きました。 この調査では、場所の名前と人物の名前が、命名、マーキング、地理的説明、歴史的および遺産の文書化における言語の天才の具体化であり、その名前がす​​べての人生の歩みの記録的な負荷を示す遺産を示す遺産であることがわかります。

ここで、「ジェルファ地方の地形的モニュメントのアラブ人の応援に協力してくれたオスマンサーディ博士の野蛮な言葉のアラビア語ルーツの用語集」をここで称賛することは間違いありません。このアプローチは、アルジェリアのすべての地域にまたがる古代のロバとカナン人の移住の歴史に完全に適合しています。

ジェルファの名目応援言語…

任意の地域の歴史とその考古学的証拠の研究は、弁証法研究に追加を提供します。舌は、彼が特定の地理的領域への移住の歴史の知識を持っている場合、その地域に到着した人間のグループに付属する言語に基づいて研究を行うことができます。言語間の相互作用の解釈についても同じことが言えます。この文脈の中で、研究は人や場所の名前の言語学的起源に至ります。

そのため、ジェルファ地方の根の名前を4つのグループに分類しました。古い言語、オスマン言語、アラビア語、フランス語です。

まず…古代の言語

ここに古代の根付いた言語は、この地域を通過し、移住し、住んでいた人々の言語です:イエメン方言、ベルベル方言、フェニキア語、プニック語、シリア語、ラテン語。これらの各言語には、歴史を通じてジェルファ地域に存在していたことの正当性があります。

ベルベル語のレバント語の起源は、数多くの本や現代の歴史研究でカバーされています:

アルジェリアから:オスマンサーディ博士と彼の作品の本

オマーン国:Saeed Al-Daroudi、2017年ベルベルのアラビア主義について

イエメン州から:ムハンマドフセインアルファラー、ベルベル人のアラブ化…イエメンからモロッコへのベルベル人の変遷の歴史と証拠、ベルベル族のイエメンアラブのルーツ、2010

北アフリカがレバントからの移住を目撃したことはよく知られています。これにより、「ベルベル民族」として知られる民族的、言語的、遺産的な多様性がもたらされました。ベルベル人は、すべての公正で冷静な研究によれば、民族単位または言語単位を構成していません…このため、場所とフラグの名前の言語的起源に頼る必要があります。古代アラブの言語と、フェニキア語やプニック語、イエメン語、シリア語、ベルベル語などの方言。

イブンハルドゥンとイブンアルアテアは、ベルベル人はマジギイブンカナアンの子孫で、紀元前12世紀にはカナン人の移住とマグレブに向かうロバ移民の第2の波の中で生まれ、カータニヤと紀元前15年にはカターニア人とカナリア人の移民のベビーカーの最初の波が先行したと述べています。

それらの前に、古代ローマとギリシャの歴史の本は、「ヘロドトス-紀元前05年5月」と「ストラボン」の両方に登場しました。彼が内部地域の住民を、歴史家サリスト(AD 1世紀)が内部に住んでいると説明した「ゲットー」と呼び、リビア人と一緒にアフリカの最初の住民であったと述べました。

プロコップ(西暦約06年)はまた、カナン人が紀元前1200年頃にパレスチナから追放され、彼らがリビア人とジトールの地に向かって行ったと述べています。そこで彼らの多くはカナン人から降りてきました…そして、アルスリ(約10)とイブンハズム(約11)を見つけます。彼らはベルベル人、特にゼナータがカナン・ビン・サム・ビン・ノアの子孫から来ているという事実に言及しています。一方、イブンハルドゥンは、ヒュミアル(イエメン)の子孫からの姦通者からの姦通者の血統を引用しています。

20世紀にジェルファの街に住んでいて、科学的価値の高い著者を残したフランソワデュビラリー神父は、ベルベル人は複数の人々、つまり「先史時代の住民」と東からの移民、特に「カナナイト」と「ロバ」の移民からの04の要素の混合の結果であると結論付けています。新石器時代(新石器時代)の人々と混ざり合い、リビア・ベルベルを書いた人々。 「ヨーロッパの要素」のトランジットケース付き。

また、ベルベル語の語彙をアラブで定着させるために、例として「サルドン」という名前を採用しています。これは、イドリスィヤの街「ゼニーナ」の近くにある山です。このトポニアン先生の名前は「ラバ」という意味でベルベル語に由来するといわれています。そして、「オスマンサーディ博士」がアラビア語でこの単語をアラビア語で応援していることを、野蛮な方言のアラブ語の起源に関する彼の用語集で説明します。「マッシュは用語集です。つまり、彼は彼の足跡を続けています。」そしてラバは若い年齢から育てられ、彼と子供をつなぐことによって彼とは手をつなぐことによって発生します。ロープで

オスマンサーディ博士は、ティフィナアルファベットの多くの文字と、ユダヤ人の著作の多くの文字の文字との間に一致があることを示しました。また、ムスナードアルヒミアリの文字に似ているティフィナ文字は、アルファ、ザイ、ラム、ミム、シン、タであり、「フェニキア文字に類似するティフィナ文字は、D、K、およびカフです。」たとえば、ナイルの子供たちの布地の装飾に見られる図Xは、右足とフェニキア語のアルファベットの「タオ」とティフィナの「ヤット」の文字Tです…この物質の遺産はアラブのマシュレックから切り離されていると言うのは当然でしょうか。

ここでは、特にジェルファ地方の古代イエメンとシリアの証拠をいくつか示します。

正午ロバ: これらは、「Azmarn、Erman、Avishn」などの最後の古代ロバに取り付けられており、野蛮では「Yeznasen、Banu Mrasin、Sardeen、Tymgsen」などと同じです。 TioulvinとTakersanのDjelfaでも同様のものが見つかります。

V女性化ロバ: 彼が言ったように、「非難」はイエメンの「ティハマ」地域と「ラビアット」がイエメン部族に対して行われた。私たちは野蛮で私たちが「ティアレット、タハート」の都市の名前についての私たちの言葉を見つけますが。ジェルファ地方の「タズミット」も同様で、「骨」、タンミクミットの根を含み、「アラブ」という乳房を吸うことを意味し、家畜でも知られています。

瞳孔の定義: アメリカのチャールズクラマルカロフ教授は、「フェニキアのフェニキアの文法」という本の中で、定冠詞の形態の形態と書面は、フェニキア語の音声言語での形態の書き方は、単語の先頭にある「T」または「Al-Alfakmal」という文字で構成されると説明しています。ここで、ジェルファの地名の先頭にTが見つかります。「高揚、高揚、高揚」。

流血という言葉: ジヤンイスマイル博士は、シリア語でこの言葉を応援することでその意味に触れました。この言葉は高架または難攻不落の場所です…マサードにはカステルムディミディの城があることを知っています…そしてそこにいた兵士は、ローマ人がシリアから連れてきたパルミラ旅団の出身で、まだ村の一部です。彼女はシリアの舌で話します…ダマドという名前はシリアの舌に破壊的な起源を持っている可能性が最も高いことを意味します。

バーバリアン方言の古代アラブの起源を理解することで、現代の標準アラビア語とこれらの方言との間の共通要素を一方で説明することができます。一方、それは、それが舌をアラビア語化していれば、イスラム教が広がっており、アラビア半島に地理的に近い国(トルコ、アフガニスタン、パキスタン、インドネシアなど)をアラビア化することになるため、イスラム教が指導し、アラビア語化しないという言葉を信じさせます。同時に、イスラム教は北アフリカをアラビア語化しなかったと私たちは確信しています。むしろ、征服者たちは、古代アラビア語が「野蛮」として知られる方言へと発展した国の人々との言語の壁を発見しませんでした。

次に、イスラム征服者の軍に関連する場所の名前を示します。 マサードの仲間の墓、温かい方法でジェルファの仲間の墓、ウムナセルの年齢、ナセルの母の谷、サルマナの自治体のナセルの母のオオカミ(征服者の墓所の墓地の墓地の墓地の母の墓)

問題は、これらの場所の名前を誰が文書化したかということです。特に、この地域ではまだアダースとヒラリスには利益がなく、征服者にしか利益がなかったのですか?彼らはここに滞在した征服者ですか?これは除外されますが、不可能です。それ以外の場合、ビスクラのアルファティアカバビンナフィの子孫の場合と同様に、ジェルファ地方の征服者の1人に属する王位が存在します…

あるいは、これらの場所の名前の文書化は、バルナトアルゼナータの最初の地域の居住者によるものだったということです。つまり、征服者が話したアラビア語を理解したということですか。 …そしてここでは、フランスの学者「スティーブンウォッシュ」を彼の著書で参照しています。彼がプニック言語の広がりについて言及し、それがアラビア語に非常に近いことを述べたとき、歴史書アンシエンヌドゥフリクドノール第4版、498ページ。

第二…オスマン言語

オスマン帝国はアラビア語やスンニ派やイバディ派との戦争をしていなかったため、03世紀以上にわたってアルジェリアにオスマン帝国が存在したことは、アルジェリアの他の地域全体でいくつかの語彙に明確な言語的影響を及ぼしました。この効果は、社会的商業的意味合い(現在の単語「Bashmak」を起源とする「Bjamak」、「Shakara」、「Sasa」、「Tasa」、Taoah、Dolma)のあるジェルファ地域に表示されます…または、今日に至るまでのトポノミクスの命名法の歴史的兆候エリア内。

歴史的な意味を持つバイリンガルの「Arabo-Ottoman」トポニムの例を示します。これは、ジェルファのWilayatの「Falat al-Sallal」地域の名前です。この指定の理由についての質問は、「phala」と「pail」という単語の語彙的根拠を導き、その意味が小さな湖とその横のバケツまたはいくつかの鍋を指していることを発見します。これはペルシャ語でオスマン帝国の使用であり、鉄器を意味します。

「パレットファルタ」トポニムは、ナイルの子供とオスマン帝国のキャンペーンの間の戦いの話を語っています。キャンペーンが驚いて、その騎士がすべて殺され、パレットだけがペラに残ったときに、税金を徴収するようになりました。同じ詳細は、Topunimの「Kediyat El Bey」にもあります。

そして歴史は、戦いと理解の間で揺れ動いたナイル諸国の子供たちとオスマン帝国の権威との関係におけるそのような事実について語っています…そしてここで、ナイルの子供たちの子供たちの部族とオスマン帝国の間のこれらの戦いは、占領者に対する戦争ではなく、むしろ税制違反であるという弧を開きます…そして私たちは問題として持っています…例ナイルの子供たちは、1775年にベイムスタファアルウズナギが率いるオスマン帝国に関与し、「オリリリー」が率いるスペイン十字軍の侵略に反応しました。

オスマン起源の旗の名前については、例えば、最近まで広く普及していて、ジェルファとその周辺地域で知られている家族のタイトルである「Khuja」を見つけます。このパトロニムはペルシア語の起源である「カワジャ」から彫刻されたもので、「マスター」を意味します。オスマン帝国のトルコ人はこれを使用してホジャを発音し、シェイクと学者の頭を称える称号の1つにしました。ジェルファの領域では、最近まで「コジャ」という用語は「khoja」と呼ばれていました。国家の従業員であるすべての人。

また、男性の名前と都市の名前「シディバヤズィド」の両方で、まだ有名な「バイエズィッド」という名前も見つかります。

第三…アラビア語

ジェルファの地域の人々と姓の名前は、歴史的および遺産的な意味合いを持っています…たとえば、彼女がゲームで急いで急いで急いでいるという特徴を持つ女性の鷹の名前から取られた女性の「Alarim」の名前を考えてください…私たちの父親と祖父は、ピザとファルコンの繁殖に熱心でした彼らは鳥を少女の名前と呼びます。

ジェルファで、私たちは眠気、交際、タイトルの歴史的背景を持っているすべてがアル・Qaqda、Bayazid、アル・Jilali … …としての名前を見つけるだろう、などブラヒミ、ムサビ、Issawi、Muhammadi、Zakrawi、Shuaib、Yahyaoui、Yunusi、Yousfi、Yaqoubi、Daoudi、SalhiとSuleimaniとして予言タイトルが共通しています。

女性の場合、名前の意味は異なります。たとえば、アルタワディヤの名前など、高貴な資質または前兆のある女性の名前を見つけます(「効果的な」誇張の形の女性、つまり非常に防御的で中傷的な女性の場合)。また、収益性(利益)、装飾、良さ、純粋または説明的、裕福な、骨董品、最愛の、金色の、幸せな、幸せな(セーヌ川を開くか、または定着させることによって)、幸せな、脂肪、核(溝またはGhaithまたはGivingである)、スルタナ、アルカイメ、ファリハ、ゴウタ(子供たちのために食料の貯蔵と流通を手配するのは女性であるため、食料から)、アルハリディヤ、アルマディナアルムナワラ、ウムアルカイア、ムバラカ、つまり、ブレスドまたはウンムバラカ、ウンムハニ、ウンムナイル、ウムナイル、ウンマナイル、ウンマナイル、Thuleja、Al-Mukhtara、Harish(辞書で言ったように、私は彼をHarishに持ってきた、つまり私の手に持った)、Jumaa、利益、歩行者の利益、ゴバヤ(おそらくその起源はジュバに由来し、土地の拡大を意味する)、預言​​者、預言者の娘、ルバ(そしてその最も美しい意味は多くの意味)多くの植物のクリーム)。

女性の仲間、信者の母親、メッセンジャーの母親など、預言の監護に由来する名前があり、神が彼を祝福し、彼に平和を与えることができます。私たちは思い出します:アムナ、アスヤ、ハフサ、ハディージャ、アスマ、アイシャ(またはアイシャ)、ファティマアルザフラ(またはザフラ)、紙、メアリー、マリア、ザイナブ、サフィヤ、およびウムナシル(サルマナに埋葬された征服者の妻との関係で、現在では「太陽」の山はナウルの山です)。

また、Palm、Zahra、Nawara、Al-Nouriya、Al-Arem、Dove、Ghazala、Ladimiyah、Hujaila、Labba(雌ライオン)など、植物や動物に由来する女性の名前も見つかります。 Raheila、Kafoussa、Loto、Jabriya、Makhroufa、Rajoubah、Bakhtah、Bakhtiyeh、Ramli、Sharifa、Mahfouh、Fatinah、Fatoum、Majdala、Braid、Braidなど、さまざまな名前があります。

ナイル神学校とイドリージャの子供たちの部族が結婚式を母親の名前に起因していることを示すことによって、ここで何も問題はありません。この理由の1つは、父親が、3人の妻の結婚式が「Awlad Umm Hani」と「Awlad Shali」と「Awlad Umm Hani」であるAwlad Si Muhammad部族などの1人と複数の妻であることでした。 「ジアの子供たち」 「息子のバキタ」、「息子のアイファ」、「息子の母の兄弟」、「息子のウンバラ」、「息子の息子」などがあります。

たとえば、ラマダン、シャバン、ラマダン、秋、ラビア、ラビ、ラビイ(2月の正当化)、ウィンドウズ(オスマン帝国のタイトルの研究で、トルコ語で「昼間」を意味する「ウィンドウズ」という単語の起源は、オスマン帝国のタイトルの研究で見つかりました)など、いくつかの回(月と季節)に関連付けられたタイトルと名前があります。一方では、クルアーンの学生がその日の初めに朗読会に参加します。他方では、トルコ人の時代に「アラブ人のシェイク」であった「アブドアルサラームビンアルクンドゥズ」の個性が見つかり、神との接触や知人との接触の結果としてこの言葉を父親に伝える可能性があります。 )。

メディアと遺産の側面からタイトルと男性と女性の名前を検索することは、市民ステータスの関心のデジタル化と市民ステータスデータベースに依存する能力を考えると、もはや難しくありません。これに関して、ツナ・ムハンマド教授とアル・タイブ・クレシ教授の本に敬意を表します。

ジェルファの地域の場所の名前の解放に関しては、彼の天才は名前だけでなく、その場所に存在する地形の説明を時々伝えるかもしれないという事実、または歴史的な出来事またはそれに付随する遺産を文書化するかもしれないという事実で浮上しました。

このため、前の分類を示す以下の場所をいくつかリストします。

地形説明の場所:

ここでは、場所の名前には、人や部族のためのメモの名前の前にある有名な地理的用語が含まれることに注意してください。たとえば、水が集まる場所を意味する「ダヤ」という用語は、特にジェルファの南部のウィラヤットで、マサード、サルマナ、カッタラ、ウムアルアザムの自治体であるダヤアムラ、ダヤシブウサ、ダヤカイバルなど、いくつかの地域の命名に使用されています。

そして、「クリーク」という用語は、狭くて窒息した場所を通る谷の存在を指します。たとえば、ハドアルサハリの自治体では「Khanar al-Arar」、ザカールの自治体では「KhanوZakar」などです。

また、「アルマセム」という用語は、2つの山または2つの高原の間の境界を指します。たとえば、ダルアルシュヨフ自治体の「アルハミディヤアルハミディヤ」やハシバーバ自治体の西側の「イムランアルマワサムサンズ」などです。

「ディバイダー」という用語を使用するこの位置構文は、「ヒハズ」という用語に似ています。これは、「ティハマまたは低海岸」と「アラビア半島北部の広い高原であるナジド」の間に留まる(切片)ためです。

また、ザガズ地方のハッシバーバ自治体のトポウニム “Al-Atath”にある地下の地質学的な説明も見つかります。近距離で手で掘って水を上ることができます。これは、「リサンアルアラブ」の「蛾」の意味に対応し、「蛾:地球から柔らかい」という意味です。

Djelfa(地表:高く平らな地面)の領域には、他にも「友好的」と「優しさ」という用語があります。

また、「ハッシ」、「アイン」、「バール」、「ダラ」、アルマアサール(集水場所を活性化した場所の名前の重みによる)、および「ワッド」は、この地域が夏の暑く乾燥した乾燥した気候であることから、水の場所を示す名前です。これには、商業用の隊商や巡礼者のためのウォーターポイント、および「マーグル」として知られる遊牧民の隊商に関する知識が必要です。

ここでは、アフリカの雑誌に軍事通訳者アルノーが含まれていることを指摘し、「ハニエ」、「ファイド」、「ハマダ」、「カダ」、「カナック」などのいくつかのトポニム、および18世紀の終わりに建設された後の「マサード」宮殿の命名の物語について触れています。

歴史的文書がある場所:

印刷と歴史学がなかった時代に、バディアの住民は歴史と遺産を記録するいくつかの方法に頼りました。そのうちの1人は「1年がそのように生まれ、そしてそれが起こった」と言い、もう1人は色付きの髪の詩の中で出来事を記録しています。または、インシデントは、世代とともに残ることわざや知恵で文書化されています。あるいは、それが起こった出来事に地名が付けられたり、民話が流布されたりしている。

ジェルファ州のデルドール市の西に位置する「アルムラッド」など、ジェルファ地方のイスラムアルファストトポネミアのサンプルと、サルマナ市の南東部にある山々と渓谷にある「サンウムナセル」の名前の理由と、サルファの妻であり、エルファの妻の妻であるエルマ州の妻、アルナガとアルフワイシは「女性と彼女の息子をラクダと彼女の赤ん坊に改宗させる尊厳として、そしてオスマン帝国時代や、エルファの街の南の「ダヤアルマハラ」のような人気のあるレジスタンスの時代にいくつかの例があります。そして、「連想」は、ナイルの子供たちの部族の「アルマルフル」体制のシミュレーションであると私たちが信じているアブドアルカーディール王子の機動軍事政権に帰因します。なぜなら、このシステムは、ナイルの子供たちが王子への忠誠を誓い、彼の戦いのほとんど、特に彼の弱さの期間に参加した後です。また、「寛大さと意図」に由来する「カルモニアン」トポニムも忘れないでください。これは、アブデルカデル王子がナイルの子供たちに、アインマーバードの町の近くの「カルモニヤ」のサイトで付けた名前です。

遺産と社会文書がある場所:

「シディ・バイエジッド」などの神社、神社、墓地に関連するトポロジーです。または、火薬工芸などの伝統的な産業に関連するもので、「火薬」という名前がトポニムで呼ばれ、その場所に火薬の塩溜りがあることを示します。たとえば、「山火薬」や「火薬宮殿」と言います。

また、石灰がこの目的のために作られたピットである「コーシャ」で加熱される、家庭用漂白のための伝統的な石灰製造クラフトについても言及します。今日まで、「コーシャ」や「コーシャライム」と名付けられた場所があり、これは古代の宮殿の人々に知られています。

ここでは、地理的な用語「ナイルの子供たちの土地」も取り上げます。この用語の起源は、半円形の移動の期間に拡張する必要があります。ここで、ジャバルラシッド(ジャバルアルアモール)の東に住んでいたバニナエル代表団のアラブ人は、その後、地域へのシディナイルの代表団などを派遣しました。 「ナイルの子供たちの土地」という用語は、意味論の意味論とアラブ部族連合の教えを生んだ。

そして、「ナイルの子供たち」の国という用語と同様に、例えば、アモール地域の地域やアモールの国を見つけます。

以下では、Wilayat El Djelfaの自治体のいくつかの地名について言及し、それらを特徴付ける雄弁さを示します。

ナガトハムザ、ヒザラナ、クライバットアルテイル、アルクシュム、アルサグ、サヤダ、アドワン、アルサブバーグ、アラババ、ダヤアブドラ、ムタアアルワサット、ワディマラ、アウフ、ワディアルズビアفيضانه)، وادي الحجل، شبيكة بولنوار، كاف الباز، الڤعدة، الحواجب، الحاجب، عين السلطان، الطويلة، محسّن ڤفاه، الڤفا، فم السبع، عبد الحق، عبد المجيد، الشارف، البرج، الرجل، المجحودة، راس المجحود، فيض عمر ، الواد المخبث، …

رابعا … اللغة الفرنسية

إن حضور اللغة الفرنسية في أسمائية منطقة الجلفة يكاد يكون منعدما الا من بعض الملاحظات هنا وهناك. وعلى سبيل المثال يوجد جنوب عين معبد عين ماء ارتوازية تدعى في الأصل عين الخرزة وتم تسميتها بعين ملاكوف من طرف الرائد سوزوني (suzzoni) القائد العام لمنطقة الأغواط سنة 1863 على شرف منتصر معركة سيباستبول في شبه جزيرة القرم الجنرال بليسيي دوق ملاكوف (Aimable jean Jacques Pélissier) المعروف بارتكابه لجريمة ضد الانسانية في غار الفراشيش بغليزان سنة 1845 … وهناك اسم الجنرال مرغريت Marguerite في سد مرغريت ببلدية عين معبد بينما أصل تسميته “سد أولاد القويني”. وسنجد أيضا تسميات قديمة لمدينتين نشأتا في عهد الاحتلال الفرنسي وهما “سيدي لعجال” المعروفة باسم “لاروكات” وأصلها “La Rocade” أي الطريق الاجتنابي. ونملك رواية لا نعرف مدى صحتها حول أن هذا الطريق تم فتحه بنهاية الحرب العالمية الثانية.

أما المدينة الثانية فهي عين وسارة والتي نجدها أحيانا باسم “بول كازيل Paul Cazelles” نسبة إلى الكولون الفرنسي الذي أقام فيها مبيتا ومرتع تبادل القوافل بنهاية القرن التاسع عشر.

وجدنا أيضا رواية شفوية حول أصل فرنسي لتوبونيم “تاوزارة” وهي منطقة بنواحي بلدية الشارف. وقد أخبرنا أحد أبناء بادية تاوزارة بأن الرواية الشفوية المتداولة هناك هي أن “تاوزارة” هو اسم مرتبط بزوجة مهندس الغابات الفرنسي “جول إدراڤاز 1893-1982”. ولتقصي هذه الفرضية من حيث “الأصل الفرنسي” اتصلنا بكل من السادة أحمد بوخلخال، مسؤول المتحف الكشفي بالجلفة، والأخوين أحمد بوعافية وبايزيد بوعافية من أبناء الجلفة الذين عرفوا عائلة إدراڤاز. وقد أخبرنا السيد بوعافية بايزيد بأن اسم زوجة إدراڤاز  هي كليمونس وأن ابنه منها اسمه “ڤي Guy ” وأن إدراڤاز الأب قد مكث بالجلفة إلى غاية سنة 1965 وأن أصلهم هو من المارتينيك وهي جزيرة تتبع أقاليم ما وراء البحار الفرنسية، وأنه مهندس غابات وريّ وكان مديرا لمصنع الحطب (الذي صار لاحقا مقرا للشركة الفلاحية للاحتياط “SAP” ثم مقرا للتعاونية الفلاحية بالجلفة) وأنه كان يتم التزود بالحطب من غابات تاوزارة وهناك كان مسكن للزوجين إدراڤاز .

وعلى هذا الأساس تقصينا في البحث فوجدنا أن إدراڤاز لديه حفيد اسمه فريديريك الذي وضع شجرة عائلته في موقع إلكتروني وفيها الاسم الكامل للسيدة كليمونس والذي لا يحوي كلمة “تاوزارة” في لقبها أو اسمها. وهكذا انتقلنا إلى احتمال ثان وهو أن السيدة كليمونس ربما لها علاقة بمنطقة ما اسمها تاوزارة فاستعنا بخريطة “سيناتوس كونسيلت” للكتابة الفرنسية الصحيحة لتوبونيم بادية تاوزارة وهي “Taouzara” … وعند البحث وجدنا في دولة “جزر فيجي”، المجاورة لمقاطعة كاليدونيا الفرنسية، منطقة باسم “Taouzara حسب الكشاف الجغرافي لصاحبه “دو ريينزي” الصادر سنة 1837 … وهنا توقف بحثنا لأن السيد فريدريك لم يرد على رسائلنا بخصوص علاقة توبونيم “تاوزارة” بجدته من أبيه السيدة “كليمونس”!!

** بن سالم المسعود: أستاذ جامعي، إعلامي وباحث في التاريخ والتراث

(للبحث مصادره ومراجعه)

<!-->

<!- ->



この記事は外部ニュースサイト( www.djelfa.info )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

Taulant Ballaは、PDでの候補者の選択を皮肉にしています。私たちは、GencRuliがErvinSalianjiとの決算を行う内政には関与しません。 SP議会グループの長である議会の演壇に立つタウラント・バラは、法案「2000年2月17日付けの法律第8580号のいくつかの変更について」、「政党について」、改正されたとおり、時が来たと述べた。政党の資金調達に関する法律を強化するために..。 (アルバニア)

Taulant Ballaは、PDでの候補者の選択…

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です