地方選挙での完全なEU投票権を求める請願が開始されました (オランダ)


  • 政治
  • 地方選挙での完全なEU投票権を求める請願が開始されました

    欧州委員会にすべてのEU市民に完全な投票権を与え、彼らが住んでいる加盟国の国民選挙で投票できるようにすることを求める請願が開始されました。「EUに欧州民主主義の染みを取り除き、すべてのEU市民に完全な政治的権利を実施することにより、市民権を獲得する」と開始者、ECIT財団は書いた。

    開始者は100万の署名を取得することを目指しており、これにより、欧州委員会に少なくとも提案を検討させることができます。彼らは、EU市民が自分が住んでいる加盟国の有権者として自動的に認識され、海外選挙で投票するための障害が取り除かれることを望んでいます。

    イニシエーターによると、EU市民はすべての選挙と国民投票について、居住国または出身国で投票することを選択できなければならず、投票者が投票しやすいようにする必要があります。したがって、ECIT財団は、ヨーロッパ市民が自分の政治的権利についての情報を入手できるヘルプラインの確立も望んでいます。

    オランダでは、国に5年以上住んでいるすべての人が地方選挙に投票できます。オランダに居住するEU国民は、ヨーロッパの選挙にも投票できます。しかし、オランダ国民のみが議会選挙と地方選挙に投票することができます。

    昨年の欧州議会選挙では、約1350万人のオランダ国民が投票する資格がありました。このグループの3.6パーセントはEU市民でしたが、オランダ国民ではありませんでした。当時のオランダ統計局の統計によると、これは約50万人です。

    欧州議会選挙の準備段階で、D66の議員であるモニカデンボーアは自治体に、オランダ以外のEU市民を投票に参加させるための協調的な努力を呼びかけました。彼女は、この有権者のグループがしばしば「忘れられたり、影にされたり」したり、オランダ語で公開された選挙情報を理解できないかもしれないと心配しました。

  • ECIT財団
  • 欧州委員会
  • 国境なき有権者


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です