国境:ロワシー空港で20日間立ち往生した子供を含む27人のアルジェリア人 (アルジェリア)


アルジェリアの国境の閉鎖は、前例のない状況を引き起こしています。 2月27日以降、パリのロワシー空港で子供や高齢者を含む27人のアルジェリア人が立ち往生しています。 20日後、パリのアルジェリア大使館は説明を提供する必要があると考えました。

「2021年2月25日、アルジェリアでCovid-19の英語版の症例が検出された後、関係者27名(子供を含む)がロンドンのアルジェリア航空代理店に個別に押収され、彼らのパリ-アルジェ飛行機チケットのキャンセル」、アルジェリア大使館は、「この通知にもかかわらず、彼らは2021年2月27日と28日にパリへの旅行を主張した。

大使館はそれを追加します 「クレテイユのアルジェリア領事館は、パリのアルジェリア航空の代表者の前で、2021年3月2日以来、このグループの特定のメンバーが彼らの状況と保留中の居住地に戻る必要性について話し合うために何度か会いました。国境の再開」。

領事館の職員は立ち往生している人々に次のように語った 「2021年2月28日の閣僚評議会にさらなる通知が記録されるまで国境を閉鎖するというアルジェリアの公的機関の決定は、その結果、非難を認めることができなかった」。

この状況に直面して、アルジェリア大使館を保証し、AirAlgérieはその可用性をに投稿しました 「居住地への帰りのチケットを担当し、PCRテストの費用を支払い、ロンドン-パリのチケットを払い戻し、超過手荷物を担当します。」 また、 「彼らが帰りを組織する間、ホテルの費用を払ってください。」

「彼らが居住地(英国)に戻ることを保証する提案がなされたにもかかわらず、関係者は国際ゾーンに留まることを選択した」、フランスのアルジェリア大使館は、さらにそのAirAlgérieに注意して言います 「英国に設立されたこれらの乗客が、汚染の惨劇と戦うためにアルジェリア国が行った努力を含めて、彼らの感覚に達することを期待して、15日間、ケータリングなどの費用を請求しました。」

フランスのアルジェリア大使館は、アルジェリア航空が主催するフライトは 「アルジェリアで発行されたパスポートの所有者を対象とし、観光ビザを所持し、PCRテストを所持している商用便ではなく帰国便」。

彼女はまたそれを思い出した 「国は、特定のケース(死亡、病気、海外滞在終了時の学生など)を、最初から行っていたのと同じように、そのような状況に不可欠なすべての人間の開放性で治療するように注意を払いました。パンデミックの出現国の主要ホテルのほとんどで何千人もの人々の監禁滞在をサポートするために、本国送還のフライトと海の横断をスケジュールすることによって」。

ロワシー空港で立ち往生しているアルジェリア人が直面している困難な状況は、ソーシャルメディアで怒りを引き起こします。今週の金曜日、フランスの有名なホストであるシリル・ハヌナはツイッターで彼らを助けたいと言って反応した。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です