国内旅行キャンペーン中の日本はコロナウイルススパイクのブレース (オーストラリア)


観光産業を復活させるための全国的な旅行キャンペーンの開始から1週間後、日本は2日連続で新しい毎日の症例が1,000を超えた後、コロナウイルス感染数の急増に備えています。

全国放送局NHKの集計によると、国は木曜日に1,266の新しい症例があり、以前の1,264の記録を上回り、感染は東京だけでなく離島を含む他の地域でも急速に広がっています。

コロナウイルス感染のない最後の県であった北日本の岩手県は水曜日に最初の症例があり、沖縄の南の島は44の感染があり、3日連続の記録を打ちました。

安倍晋三首相の政府は、コロナウイルス事件の復活にもかかわらず、荒廃した観光産業を復活させることを目的とした全国旅行キャンペーンを7月22日に開始した。

東京の知事は、ウイルスのさらなる拡散を防ぐために、夕方の早い時間にレストランやカラオケ店に閉店を求めることを検討しています。
ゲッティイメージズアジアパック

世界保健機関のインフルエンザ委員会のメンバーは、キャンペーンは時間切れであり、ウイルスの蔓延を恐れているが必死にビジネスを必要としている人々にとってジレンマを引き起こしていると語った。

「車のナンバープレートを調べて県外かどうかを確認するのが習慣になっている。嘘をつくつもりはない。遠くから誰かが訪れているのを見ると、少しショックを受ける」とケイコは語った。東京の北、日光の温泉街にある旅館の共同経営者、塚原。

「しかし、ここ数か月間は収入がゼロであり、顧客が必要です。」

しかし、むつ市の宮下宗一郎市長は、先週の長い休日に、ビジネスよりも健康を優先して、21の都市の建物やその他の都市所有の観光スポットを閉鎖するように命じた。

続きを読む
ムンバイの多くの住民がCOVID-19に感染しているのではないかと懸念

ムンバイの多くの住民がCOVID-19に感染しているのではないかと懸念

日本北部の青森県の小さな町には、病院が1つしかなく、感染症患者のためのベッドは4つしかない。これまでのところ、COVID-19の症例は報告されていません。

宮下氏は、「第2のケースの波が発生しているため、人命と経済のどちらを選択するべきではない。私たちの唯一の選択肢は、人を守り救うことができるかどうかだ」と述べた。

彼は、状況が安定した後の段階で、旅行補助金プログラムを展開すべきであると付け加えた。

「明らかに間違い」

WHO委員会の菅谷典男氏は、安倍首相の選挙運動のタイミングを批判した。

「私はすべて観光産業を支援している。しかし、感染が復活したときはそうすべきではない。ウイルスは人が動くにつれて広がる。これは明らかに間違いである」と菅谷氏は語った。

「医師は間もなく赤信号を発します。病院は間もなく満杯になり、ICU(集中治療室)も満杯になります。」

小池百合子都知事は、感染症の急増に対処するために、来月、アルコールやカラオケ店を提供するレストランの営業時間を短縮するよう要請しました。

都は、午後10時閉店の要望に応じた店舗に20万円(1900ドル)の補償金を支給する。月曜日から8月31日まで。

国内旅行を促進することに加えて、日本は外国人にゆっくりと再開しています。

政府は8月5日から外国人学生と労働者が戻ることを許可することを計画し、外務省は言った。

同省によると、今回の措置は、日本が訪問を禁止している146カ国の1つに指定される前に、日本を離れた約9万人に適用される。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です