昨夜、カバヤで銃創が発生しました。

警察は市民Sh。が足を負傷したと発表した。病院にいる​​34歳のSh。は、生命の危険にさらされています。

ジャーナリストのDorjanaBezatが BalkanWeb イベントの加害者は市民のエミリアーノ・シーナであり、34歳のシュケルツェン・シェフが負傷した。

カバヤ/予備情報

00時30分ごろ、カバヤの5番地で、弱い動機をめぐる争いの後、34歳の市民E.S.が市民Shの足に銃を撃った疑いがあります。病院にいる​​34歳のSh。は、生命の危険にさらされています。

市民E.S.の逮捕のために、カバヤ警察委員会のサービスによる地域の管理は継続されています。

捜査グループは、検察と協力して、事件の状況を明らかにするために取り組んでいる。

(BalkanWeb)

グループの一員になるために」AOL「クリックするだけ:グループに参加すると、アプリケーションはすぐに承認されます。
Balkanwebグループ