危機の影響を受け、見本市や展示会の主催者は首相に挑戦します (アルジェリア)


コロナウイルス危機に強い打撃を受けた見本市やショーの主催者は、流行に関連する経済危機に直面して首相に国家支援を求めるよう呼びかけます。

このニッチで活動している企業は、Exposign社のマネージャーであるMohamed Boudjimarが代表する集団で組織されています。

「人々をまとめる場所を整理、管理、設計、配置することを目的としたサービスに完全に基づいて設計された私たちの仕事は、国のすべてのイベント計画のキャンセルによって残酷に影響を受けました。計画された積載計画の完全な中止、「総理をアブデラジズ・ジェラド首相への手紙で書いた。

すべての経済活動が封じ込められ、停止されて以来、イベント会社は、1,000人の従業員が賃金をもたないという微妙な経済状況に陥っています。

「私たちは危機の影響を受けた最初であり、私たちは最後に立ち直るでしょう」とBodjimar氏はTSAへの声明で訴えた。 「私たちはスタンドや展示会の設置者です。今のところ地平線には何もない、おそらく10月か11月に物事は再開するだろう、「それを嘆き悲しんでいるBoudjimar氏を特定する」「からの助けはない国のシェア。

「当局に私たちに目を向けてもらい、無利子ローンや寄付(CNAS)と税金の支払いの延期についても助けてほしい」と彼は付け加えた。

「残念ながら、この条件は、2019年2月以降にこのセクターに打撃を与えた最初の政治的および経済的危機の上に生じたものであり、それからも私たちは安心できず、私たちの社会を苦しめながら、構造的および運用上の負担を想定することが不可能になっています。これは、差し迫った活動の停止に対する制約を意味し、それが結果として暗示するすべてのものを「集団に代わってボジマー氏が付け加えた。

「この状況を財政的および財政的手段で解決することに対する国の支援は別として、我々の側の保障措置計画はこの壊滅的な危機に耐えることができません」とBoudjimarは言いました。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です