危機により最大1億人が極度の貧困状態にある可能性があります。 IMF: (アルメニア)


国際通貨基金の責任者であるクリスタリーナゲオルギエバ氏は、世界各国の政府は、新たなコロナウイルスの流行とその経済的影響に対応するための財政措置に10兆ドルを費やしましたが、さらに多くの条件が必要であると述べています。

彼によると、新しい見積もりによると、危機の結果として最大1億人が極度の貧困状態にある可能性があり、失業の削減と不平等の拡大の防止にさらなる支出を向けるべきです。

より包括的な回復に貢献するには、健康と教育へのアクセスを改善し、気候保護を強化し、低所得世帯と中小企業のための金融と技術へのアクセスを拡大するための投資が行われるべきであると彼は言った。



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です