北京はコロナウイルスの発生を鎮圧することができたと言います (アルメニア)


TASSの報道によると、北京でのコロナウイルスの蔓延は抑制されているが、疫学の状況は引き続き深刻であると、市管理局のSyui Hetszyan局長は述べた。

北京自宝新聞は、「北京での新たな感染事例の数は、この1日である程度減少した」と述べたと述べた。それは深刻で困難なままです。」

昨日、中国で18例のコロナウイルス感染が検出され、そのうち9例が北京で発生しました。前日、26件の感染が報告され、そのうち22件が首都で登録された。

世界保健機関によると、6月21日現在、世界中で8,708,008例の感染があり、461,715人の患者が亡くなりました。感染者の大半は米国で2,208,829人でした。その後、ブラジル(1,032,913)、ロシア(584,680)、インド(410,461)、イギリス(303,114)、ペルー(247,925)、スペイン(245,938)、イタリア(238,275)、チリ2082(イラン)(236,748)が続きます。 :



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です