労働組合はコロナウイルスの援助から解雇された罰金について激怒している。進行中の議論、首相は言う (オランダ)


  • ビジネス
  • 労働組合はコロナウイルスの援助から解雇された罰金について激怒している。進行中の議論、首相は言う

    労働組合は、企業のコロナウイルス支援パッケージからいわゆる解雇罰金を廃止するという政府の決定に激怒し、これが大量解雇につながると警告している。マーク・ルッテ首相によれば、内閣はまだこの問題について組合と話し合っている。テレグラーフは水曜日のコロナウイルスに関する議会の討論で、この罰金の廃止は確定したものではないが、「解雇の罰金がこの形で継続しないことが重要である」と語った。

    政府がコロナウイルス危機を通じて企業を支援するための措置を最初に実施したとき、支援を主張した企業は従業員を解雇したことで罰せられました。水曜日に援助パッケージが延長されたとき、政府はこの状態を取り除きました。ユニオンFNVは、これが多くの正社員の解雇につながるとの懸念を表明し、これは第1ラウンドの援助ですでに柔軟労働者に起こっていることを指摘した。

    野党のGroenLinks、SP、PvdA、PVVはこれらの懸念を共有し、解雇の罰金を破棄しないよう求めました。解雇の罰金が最初の緊急パッケージに組み込まれているにも関わらず、多くの人々は依然として職を失いました。野党は、罰金が廃止されれば、さらに悪化するだろうと述べた。 PvdAリーダーのLodewijk Asscher氏は、政府がこの道を歩み続けると、政党と組合の支持を失うと述べた。

    ルッテはこの問題には逆説があると主張した。首相は、企業が全従業員を維持しなければならない、または罰金を科せられなければならない場合、「トップヘビー」になる危険性があると述べた。危機後に全速力で事業を継続できないことがすでに分かっている場合、全従業員の確保を余儀なくされれば、会社全体が崩壊する可能性がある、と彼は言った。首相によると、その後、さらに多くの仕事が失われます。

    政府の目的は、企業を浮かせておくことではなく、雇用を維持することである、とルッテは言った。そして、「現在、組合との共通の理解はないが、共通の目標がある」と彼は言った。 「そして、それは可能な限り多くの雇用を維持することです。」

  • コロナウイルス
  • 解雇罰金
  • FNV
  • PvdA
  • Lodewijk Asscher
  • SP


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です