元ギリシャ外相ドラバコヤニスは、ギリシャ外交を率いた当時に戻り、2009年のアルバニアとの海事協定の署名者の1人でした。

エディ・ラマ首相が出席したアテネで開催された「2020年以降の西バルカン諸国」の会議に出席したバコヤンニス氏は、2009年に憲法裁判所が海協定を覆したとき動揺したと述べ、その年以降は事実ではないことを確認した。他の合意には達しなかった。

「合意については、アルバニアとの合意に署名したのは私でした。もちろん、憲法裁判所の決定について聞いたとき、私は非常に動揺しました。これは、10年から12年経ってもまだ合意に達していないという言い訳にはなりません。私たちはアルバニアとの合意を見つけるために一生懸命努力すべきです。それは両国にとって重要です。もちろん、正直に言うと、この種の問題で第三国に干渉することは助けにはなりません。トルコはこの合意に非常に反対していたことを知っており、私たちが持つことができる最高の関係を信じており、ギリシャとトルコの関係について彼が言ったことについてラマ首相に同意します。私はこの地域でギリシャとトルコの間の対話の非常に強力な支持者として知られていますが、戦争の脅威は許容できないため、脅威がない場合にのみ発生する可能性があることは明らかです。エルドアン大統領が緊張をエスカレートさせず、レトリックを変えないために必要な努力をすることを私は大いに期待しています。私は長年彼と知り合っており、これがトルコのための政策を作るための成功した方法ではないことを彼が理解することを願っています。解決策を見つけるため、または同意するため、交渉のテーブルに戻ることができます。または、海上地帯の定義について、この問題について国際司法裁判所に上訴する。同氏はまた、「メッセージは明確であり、三国間の今日の精神がトルコの支配的な精神として広まることを望んでいる」と述べた。
(AOL)

グループの一員になるために」Balkanweb「クリックするだけ:グループに参加すると、アプリケーションはすぐに承認されます。
Balkanwebグループ

<!-->