使徒歩兵連隊の兵士がコロナウイルス陽性であった (アルゼンチン)


これは声明を通じて連隊長によって報告されました。兵士は 使徒、 最近いくつかに参加するためにブエノスアイレスに旅行しました 予備試験 平和維持任務のため、綿棒でcovid-19が陽性であったのはそこでした。


クリックして最新のコロナウイルスニュースを読む ここに


予告:


Apóstoles(Misiones)市のMonte 30 Infantry Regimentは、この部隊のメンバーが上層部からブエノスアイレス市に命令されたものに従って、8月5日水曜日にブエノスアイレス市に移動したことを伝えました。軍事平和組織に参加するための特定の試験。

「ブエノスアイレスでは、確立された健康プロトコルに準拠して、必須の綿棒洗浄が行われ、COVID-19の検査で陽性でした。」このため、「上記の職員は、強制検疫期間である10日間が完了するまで、ブエノスアイレスに隔離されます。このため、Monte 30歩兵連隊の責任者は、影響を受けたMission Emergency Zone Commandによって確立されたプロトコルに従い、即時の予防策として実行し、原因に直接関係するすべての職員とそのすべての仕事の絆を隔離するように命じました将軍マヌエル・ベルグラノ作戦に。現在、アルゼンチン陸軍は中央軍事病院で疫学関連を特定する特定のタスクを実行しています。

歩兵中佐マリオオスカートレホ
モンテ30歩兵連隊のチーフ


DL-CP + EP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です