今日は人身売買に反対する世界の日です。救助された1人から、さらに20人が搾取され続けていると推定されています。 (アルゼンチン)


毎年7月30日は、世界中の何百万人もの人々の尊厳を奪う人道に対する罪と見なされる人身売買に対する世界デーを記念しています。

7月30日は人身売買に反対する世界の日です。それは、労働、精神的、生殖的奴隷制、性的搾取、強制労働、臓器摘出を目的とした人間の違法な動きです。

によると 国連薬物犯罪事務所 UNODC、人身売買から救出された1人のうち、さらに20人が悪用され続けていると推定されているため、データは憂慮すべきものです。

この違法な市場は次のように推定されています 世界中で320億ドル、そのうち49%は、犠牲者の主な目的地であることが特徴の先進工業国で発生しています。

の場合 ラテンアメリカ原産国自体で約13億ドルが生み出され、利益の4.1%に相当します。

によって強調表示されたいくつかのデータ UNODC 人身売買に関して、彼らは次のことを明らかにしています。

  • 世界中で、検出された犠牲者の3人に1人は子供です。
  • 人身売買の被害者が検出された中での少年と少女の割合は3倍になり、少年の割合は過去15年間で5倍に増加しました。
  • 検出された犠牲者の50%は性的搾取のために人身売買され、38%は強制労働のために搾取されました。
  • 女性は引き続き主な犠牲者です。人身売買の被害者全体の46%が女性、19%が少女です。

ソース画像を見る

アルゼンチンでは、その一部として、3,228人の少女と女性が失踪しており、その大部分は人身売買の犯罪に関係していると推定されています。この残念なリストのいくつかの有名な名前は、マリタ・ベロン、マリア・キャッシュ、ナタリア・アコスタ、そして行方が不明な他の何千人もの女性です。

アルゼンチンの人身売買ルートの地図の中で際立っています 目的地の犠牲者を提供する2つの明確に定義されたゾーン:NOA NEA: ジュジュイ、サルタ、トゥクマン、カタマルカ、ミシオネス、フォルモサ、コリエンテス、チャコ

これらの州のうち、犠牲者の割合が最も高いのは、ブエノスアイレス自治都市、ブエノスアイレス大都市圏、パタゴニアに移送されています。

アルゼンチンの人身売買のルートは何ですか、そしてそれらと戦うために何が行われていますか?

人材の採用:

搾取の目的で人を採用する最も一般的な方法の1つは、 仕事の申し出。

だからあなたが 検索 仕事、次の兆候に注意を払ってください:

  • あなたが短期間に大きな人生の変化やたくさんのお金を約束されている場合
  • 彼らは以前の経験や知識を必要としません
  • データと活動が不明確
  • 彼らはあなたに引っ越して、あなたのチケットと宿泊施設の支払いを申し出るように頼みます

同時に、信頼できる人を常に同伴するか、少なくとも誰かに自分の動きについて知らせることが重要です。つまり、どこに向かっているのか、どの方向に向かっているのか、誰と会おうとしているのかなどです。

人身売買と戦うために力を合わせて、 145行目、匿名で24時間無料で呼び出すことができます。

何を報告できますか?

  • 待たずに人が消える 司法捜査には最初の1時間から48時間が不可欠です。
  • 覆面売春宿: 彼らはカフェバー、ナイトクラブ、キャバレー、ウイスキーショップ、マッサージパーラー、またはプライベートとして運営を続けています。
  • 売春の通知: グラフィックメディア、インターネットサイト(ソーシャルネットワーク)、または公道で提供される性的宣伝チラシ。
  • 奴隷制または強制労働への削減: テキスタイルワークショップ、田舎の仕事、製造業、個人の家で。

今日は人身売買に反対する世界の日です。救助された1人から、さらに20人が搾取され続けていると推定されています。

AR-EP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です