今年これまでに343人の人身売買された人がアルゼンチンで救助されました (アルゼンチン)


2021年の最初の3か月で、彼らは救助されました 人身売買の状況にあった343人 アルゼンチンでの性的または労働搾取の目的で。この数字は、法務人権省に所属する人身売買犯罪により被害を受けた人の救助と同伴のための国家プログラムによって明らかにされました。

今年これまでに343人の人身売買された人がアルゼンチンで救助されました

1月には67件の支援があり、2月には129件に増加し、3月には147人の犠牲者が参加しました。報告書を通じて、この犯罪の生存者を救助し、同行するプログラムは、先月、犠牲者全体の80人が男性で67人が女性であったことも詳述しました。

また、調査の結果、救助された人のうち6人が障害者、11人が未成年者であることがわかりました。

先月、ほとんどの人が仕事のために搾取され、22%が性的目的のために搾取されました。

一般的に、犠牲者はアルゼンチンで生まれていますが、ボリビア、パラグアイ、ペルー、コロンビア、ドミニカ共和国、シリア、ウルグアイ、ベネズエラからの人々も参加しました。

国内では、2008年末に人身売買の防止と処罰および被害者への支援に関する法律26,364が制定されて以来、今年3月までに16,250人が救助および支援された。

このプログラムには、全国のどこからでも人身売買に関する苦情を受け取るための無料の電話回線145があり、24時間年中無休で運営されています。 人身売買の被害者であるか、誰かが被害者である可能性があると思われる場合は、遠慮なく145番に電話してください。

出典:Télam

MB-CP + EP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です