人種差別防止抗議者に自己検疫を求める;不要な、ウイルス学者、アダム市長は言う (オランダ)


  • 政治
  • 人種差別防止抗議者に自己検疫を求める;不要な、ウイルス学者、アダム市長は言う

    VVDのリーダーであるKlaas Dijkhoff氏とハールレンマーメール市長であり、ヴェイルグアイデスレギオケネメルランド市長であるMarianne Schuurmans氏は、アムステルダムで人種差別と警察の残虐行為に抗議して参加したすべての人に、コロナウイルスを捕まえた場合に備えて2週間の自己隔離を呼びかけました。月曜日の抗議のために、アムステルダムのダム広場には約5000人が集まった。

    「アムステルダムからの画像は私を怒らせるだけでなく、非常に心配させます。もし誰かがそこでウイルスを広めたら、私たちは元の状態に戻ります」とディジコフはTwitterで言った。 「そこにいた場合は、それをGGDに報告して、2週間自宅で隔離してください。」

    「デモ中にダム広場にいる大勢の人が心配だ」とシューマン、VVDはツイートした。 「もしそこにいたのなら、2週間家にいてください。風邪やその他の症状が出たら、GGDに電話して自分でテストしてください。責任を負ってください。」

    アムステルダムのフェムケハルセマ市長は否定的な反応を理解していますが、抗議者の検疫要請は行き過ぎだと考えています。 「それは公園で他の人に近すぎたすべての人にも当てはまるでしょう」と彼女はNOSに言った。彼女はまた、テスト能力がこれを可能にしないので、症状のない抗議者がテストされるべきであると考えていません。

    ウイルス学者のMenno de Jong氏は、抗議行動が「超拡散イベント」になる可能性があるとの懸念を表明しました。しかし、ライデン大学医療センターのウイルス学者マリエットフェルトカンプは反対します。彼女によると、大きなグループの人々が長期間にわたって一緒に1.5メートル未満に近づくとリスクがあります。しかし、デモが太陽と風の中で外で起こったので、エアロゾルと飛沫を運ぶウイルスはすぐに吹き飛ばされるでしょう、とフェルトカンプはNOSに言いました。また、ほとんどのデモ参加者がマスクを着用したことにも違いがあります。オランダでは現在、コロナウイルス感染の数が少ないため、リスクも低くなっています。 「もしこれが3月に起こったなら、私はもっと心配するでしょう。」

    アムステルダム病院OLVGのモーリスファンデンボッシュは、抗議行動における社会的距離の欠如は医療従事者の前で平手打ちであると呼びました。 「ケアワーカーは昼夜を問わず骨の折れる作業を行った。社会的な距離を尊重せずに大規模なグループの集まりがCovid-19を広めるリスクであることがわかっている」と彼はTwitterで述べた。

  • アムステルダム
  • 人混みを避ける
  • ブラックライブマター
  • VVD
  • マリアンヌ・シューマンズ
  • Veiligheidsregio Kennemerland
  • COVID-19
  • メンノデジョン
  • モーリスファンデンボッシュ


  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です