人種差別と闘うことは、政府だけではなく、すべての義務である:Rutte (オランダ)


  • 犯罪
  • 人種差別と闘うことは、政府だけではなく、すべての義務である:Rutte

    マーク・ルッテ首相は金曜日、人種差別やその他の差別に関する問題は、政府だけでなく、社会としてまとめて取り組むべきだと述べた。内閣との会議後、記者会見でスピーチを行ったルッテは、オランダ国内および海外での1週間の抗議行動に続いて、人種差別に関する多くの問題に取り組みました。

    「この社会では、差別と人種差別の根本的な要因がいくつかあります。その場合、全員の最初の反応は、「政府は何をしているのですか?それで、それ以上問題はないので、ルッテと内閣が整理します」—それを忘れる」とルッテは断言し、人々は変化をもたらすために代わりに互いの責任を負うべきだと付け加えた。

    最近このような問題が前面に出ていることに照らして、ルッテはズワルテピエトのトピックについても触れ、論争の的となっているシンタークラースの伝統を受け入れ続けているオランダの住民は、人種差別主義者と見なされるべきではないと述べました。首相は、「それは民族文化であり、伝統であり、人種差別主義者ではない。しかし、苦しんでいる人々がいることは確かだ」と述べた。

    これは、この問題に対する彼の個人的な見方が変化したこと、および国全体が伝統を再考し始める必要があることを認めた翌日です。コメントは、キックアウトズワルテピエットのリーダーであり、コミュニティ活動家のジェリーアフリエによって歓迎されました。彼は、木曜日にツイートして、ルッテの発言が「遅れることはない」と述べました。

    ルッテ氏は、変化に影響を与えるのは内閣ではなく社会全体の責任であるとの見方を繰り返し、ズワルテピエトもそのような観点から検討されるべきだと主張しました。 「あなたはまた、社会の中で考えが変化しているのを見ていますが、そのためのキャビネットは必要ありません」と彼は物議を醸しているクリスマスのフィギュアに関して言った。

    首相のコメントは、オランダのいくつかの都市を巡る激しい抗議の週の後に行われ、月曜日にブラックライブマター、アムステルダムにフローニンゲンとハーグ、水曜日にロッテルダムを支援する数千人のデモ参加者が集まりました。

    Black Lives Matter主催者によると、ユトレヒト、エンスヘーデ、ナイメーヘンでの同様の抗議行動が金曜日の夜に開始される予定です。

  • マーク・ルテ
  • ズワルテピエト
  • ジェリー・アフリエ
  • 差別




  • この記事は外部ニュースサイトから自動的に日本語翻訳されたものです。

    Related Articles

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です