世界的な国連調査の回答者のほぼ3分の2は、世界が気候緊急事態に直面していると述べています (オーストラリア)


国連の調査によると、世界中で世論調査を行った120万人のほぼ3分の2が、人類は気候の緊急事態に直面していると述べています。

国連開発計画(UNDP)とオックスフォード大学の研究者は、世界人口の半分以上が住む50か国の老若男女、金持ちと貧乏人の回答者も、問題に取り組むための一連の政策オプションから選択したと報告しました。 。

調査結果は、2019年に世界の舞台に急上昇した草の根の地球規模の気候変動(一部は当時16年のスウェーデンのグレタ・トゥーンバーグが主導)が、猛威を振るうパンデミックがその範囲を覆い隠したとしても、依然として勢いを増していることを示唆しています。

続きを読む

オーストラリアは、気候に煽られる異常気象から大きな経済的打撃を受ける可能性がある、と報告書は警告している

オックスフォードの社会学者で、調査の設計とデータの処理を手伝ったスティーブン・フィッシャー氏は、インタビューで、「気候緊急事態への懸念は、私たちが以前に知っていたよりもはるかに広まっている」と語った。

「そして、気候の緊急事態を認識している人々の大多数は、緊急かつ包括的な行動を望んでいます。」

巧妙なイノベーションでは、携帯電話のゲームアプリの広告のように短い調査が表示され、世論調査に応答しない可能性のある人口統計に研究者がアクセスできるようになりました。

2020年3月にブリスベンで開催された気候変動ストライキに学校の生徒が参加します。

2020年3月にブリスベンで開催された気候変動ストライキに学校の生徒が参加します。
AAP

男女格差

全国レベルでは、英国、イタリア、日本の約80%の人々が、気候変動の影響について深刻な予兆を表明しました。気候変動は、これまでのところ1度の温暖化で、熱波、干ばつ、洪水の強度をかなり増加させました。降雨を誘発するだけでなく、海面上昇によって嵐がより破壊的になりました。

フランス、ドイツ、南アフリカ、カナダはすぐ後ろにあり、調査対象者の4分の3以上が、この脅威を「世界的な緊急事態」と表現しています。

米国、ロシア、ベトナム、ブラジルを含む他の12か国では、回答者の3分の2が同じように物事を見ていました。

小島嶼国の住民の75%近く(一部は海面上昇により故郷を失う可能性に直面している)は、気候の脅威を緊急事態として認識していました。

続きを読む
太平洋島嶼国の指導者たちは、スコット・モリソン首相に気候変動に対してより強力な行動を取るよう促す公開書簡を書いた。

太平洋の指導者たちは、オーストラリアの気候目標を公開書簡の「最も弱いものの1つ」として非難している

続いて、高所得国(72%)、中所得国(62%)、後発開発途上国(58%)が続きました。

「緊急事態」が発生した年齢層の分布は狭く、18歳未満の69%から36〜59歳の66%までの範囲でした。

60歳以上の人だけが60%をわずかに下回りました。

驚いたことに、米国とカナダでは、男性よりも女性の方が11%と12%多く、地球温暖化について高い警戒感を示していました。世界的に、その格差は、調査した50か国の間で平均して4%に縮小しました。

「緊急の気候変動対策は、国籍、年齢、性別、教育を超えて、世界中の人々の間で幅広い支持を得ています」とUNDPのチーフ、アヒム・シュタイナーは述べています。

「しかしそれ以上に、世論調査は人々が彼らの政策立案者に危機に取り組むことをどのように望んでいるかを明らかにしている。」

徳のある「転換点」

提供されたものの中で最も人気のある解決策は、回答者の54%が選択した森林と自然生息地の保護でした。

続いて、太陽光、風力、その他の形態の再生可能エネルギーの開発が行われました。 「気候にやさしい」農業技術の使用。そしてグリーンビジネスと仕事にもっと投資します。

リストの一番下にあるのは、わずか30%からの支持を得て、肉を含まない食事の促進と手頃な保険の提供でした。

続きを読む
RFSボランティアとNSW消防救助隊員は、ブラックサマーの山火事の最中にシドニー南部の山火事と戦います。

世界は「壊滅的な」地球温暖化に直面しており、2020年は記録上最も暑い年の1つであると国連は警告しています

調査結果は、一部の国、そしておそらくグローバル社会が、カーボンニュートラルな世界への移行を加速させる世論の好意的な「転換点」に近づいている可能性があることを示唆する最近の研究を裏付けています。

「気候を安定させるための急速な地球規模の脱炭素化を達成することは、社会的および技術的変化の伝染性で急速に広がるプロセスを活性化することに決定的に依存します」と、ロナオットーとハンスヨアヒムシェルンフーバーが率いるポツダム研究所の研究者は昨年の科学雑誌PNASで述べました。

伝染病の蔓延と同じように、奴隷制を禁止するか民主主義を導入するかにかかわらず、前向きな社会運動は、特定のしきい値を超えると「不可逆的で停止するのが難しい」可能性があると彼らは述べています。

「#FridaysForFuture気候ストライキ、エクスティンクションレベリオン抗議、米国のグリーンニューディールなどのイニシアチブなどの抗議行動が、現在行われている規範と価値観のこの変化の指標となる可能性があるという最近の事例証拠があります。」



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です