世界のCovid-19:第2波は落ち着かない (アルジェリア)


コロナウイルスのパンデミックは、世界中でその狂った進行を続けています。 10月19日月曜日まで、昨年末にウイルスが出現して以来、世界中で約4,050万件(正確には40,454,000件)の症例が記録され、1,126,000人の患者が死亡しました。 。監禁と抜本的な措置への復帰は、世界の多くの都市と地域で布告されています。

インドでは、状況は改善されていません。過去24時間で、55,000件を超える新規症例と565件の死亡が記録されています。 750万人の感染と114,000人の死者を抱え、地球上で2番目に人口の多い国は、8,387,000人の症例と224,000人以上の死者を抱える米国に次いで、パンデミックの影響を2番目に受けています。 11月3日の大統領選挙の2週間前に、後者の国では24時間で約45,000件の新規感染と452件の死亡が記録されました。

数日間の場合と同様に、フランスは1日で最も高い増加の1つを記録しています(10月18日日曜日に+29,837件の症例と+90人の死亡)。

土曜日の夜から9つの都市が制限されているフランスでは、現在897,034件の確定症例があり、33,477人が死亡しています。

この大幅な増加にもかかわらず、フランスは3番目に影響を受けた国ではありません。この場所は、死者数が増え続けているブラジルに行きます。24時間で10,982人の新規症例と230人の死者が出て、汚染の総数は5,235,344人になり、死者の数は153,905人になります。

フランスに加えて、ヨーロッパの他のいくつかの国は、パンデミックの第二の猛烈な波に直面しています:イタリアで9,300の新しい症例と73の追加の死、そしてイギリスで80の死のためのほぼ19,000の新しい感染。

ヨーロッパでは過去7日間で8,000人以上の死者が記録されています。 10月18日日曜日の時点で、旧大陸では25万人以上が死亡しました。

多くの国がより抜本的な対策を発表しています。フランスは9つの主要都市で夜の制限(午後9時から)を確立し、ベルギーは月曜日から同じことを行い、ウェールズは2週間の監禁を命じ、イタリアはちょうど発表しましたバーやレストランの新しい制限、地元のフェスティバルやフェア、アマチュアチームスポーツの禁止。

チュニジアも縁石を選びます。この措置は、明日、10月20日火曜日から全国で実施されます。国は4日間で5,000以上の新しい症例を記録しました。

最も影響を受けたアフリカ諸国の1つであるモロッコでは、状況は改善されていません。日曜日には2,117件の新規感染と48件の死亡が記録され、総症例数は175,000件を超えました。

最後に、パレスチナからのこの情報に注意してください。パレスチナ解放機構(PLO)のSaëbErakat事務局長は、Covid-19を持っています。いくつかのメディアが引用した病院筋によると、65歳のエラカット氏は危機的な状態にある。パレスチナの指導者はイスラエルの施設に入院しました。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です