ワクチンを使っても、コロナウイルスのパンデミックの余震は何十年もの間感じられるだろう、と国連のチーフは言います (オーストラリア)


国連は、ワクチンが広く投与された後、パンデミックの影響が何年もの間感じられるであろうと言って、COVID-19に対する自己満足に対して国に警告しました。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は木曜日に、ワクチンがすぐに承認されたとしても、世界は今後数十年にわたってCOVID-19パンデミックの余震と戦う可能性があると警告した。

グテーレス氏は、事実上安全対策として開催されたウイルスに関する特別な国連サミットを開き、科学の急速な進歩を称賛したが、ワクチン接種は地球に影響を与える病気の万能薬ではないと警告した。

続きを読む

米国は史上最悪のコロナウイルスの日を記録しました

「自分をだましてはいけません。ワクチンは、数年、さらには数十年に及ぶ被害を元に戻すことはできません」とグテーレス氏は語った。

「極度の貧困が高まっています。飢饉の脅威が迫っています。私たちは80年で最大の世界的不況に直面しています。」

彼は、COVID19(世界中で150万人近くが死亡した)が、不平等や気候変動を含む他の長期的な課題を悪化させたと述べた。

Modernaは、ファイザーとそのドイツのパートナーであるBioNTech(11月20日に緊急承認を申請)のすぐ後ろにあり、米国での予防接種の開始を目指しています。
AAP

100か国以上の指導者や高官が、事前に録音された短いスピーチを通じてサミットに参加しますが、外交官は、仮想の2日間の集会がすぐに主要な決定につながることを期待していません。

グテーレス氏は、ワクチンは世界中で共有されている「世界の公共財」と見なされるという彼の呼びかけを繰り返した。

彼は、今後2か月間の43億ドルの資金不足を補うための寄付を呼びかけました。

180か国以上がCOVAXに参加しました。これは、ワクチンを公平に配布するためにメーカーと協力するグローバルなコラボレーションです。

主な例外は、研究の最前線にあり、ドナルド・トランプ大統領が最初にアメリカ人に予防接種をしたいと考えている米国と、独自のワクチンを発表したが懐疑的な見方をしたロシアです。

チュメン州立医科大学での登録後の臨床試験中に、医療従事者がCOVID-19に対するEpiVacCoronaワクチンのオープンバイアルを保持しています。

トランプ氏は、米国でのCOVID-19の死者数の多さを非難し、危機の初期段階で中国に見られたと述べ、世界保健機関からの撤退に動いた。

グテーレス氏は国連機関のパフォーマンスを強く擁護し、その勧告は「調整された世界的対応の基礎となるべきだった」と述べた。

「ある状況では、事実の拒絶とガイダンスの無知があった。そして、国が彼ら自身の方向に進むとき、ウイルスはあらゆる方向に行く」と国連のチーフは言った。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です