ラマ・ラブロフ電話、ロシア大使館が詳細を明らかに:「ベラルーシ人は彼ら自身の問題を解決することを許可されるべきであり、外部から彼らに何も課されるべきではない」 (アルバニア)


ティラナのロシア大使館は、OSCEの首長であるエディ・ラマ首相とロシアのラゲイロフ外相の電話での会話を確認した。発表によると、トピックはベラルーシの状況であり、大使館によると、「ラヴロフ大臣はベラルーシ人が自国の問題を解決するのではなく、自分の問題を解決することを許可される必要があると述べました […]

ロシア大使館によるラマ・ラブロフ電話のポストは詳細を明らかにしている:「ベラルーシ人は自分たちの問題を解決することを許されるべきであり、外部から彼らに何も課されるべきではない」がBalkanweb.com-News24に最初に現れた。





この記事は外部ニュースサイト( www.balkanweb.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です