ヨーロッパの国境:選択した国の中でアルジェリア、モロッコ、チュニジア (アルジェリア)


欧州諸国は金曜日の夕方に、彼らが国境を1から再開する14カ国の最初のリストについて合意した。えー 来年7月。

リストを明らかにしたAFP代理店によると、コロナウイルスに強い影響を受けた米国は含まれていません。中国も含まれているが、相互主義の「条件付き」で、同じ情報筋は言った。北京はヨーロッパの旅行者を歓迎することを約束する必要があります。

リストは今週土曜日にヨーロッパ諸国の政府によって検証されるべきです。

選択された14か国は、アルジェリア、オーストラリア、カナダ、ジョージア、日本、モンテネグロ、モロッコ、ニュージーランド、ルワンダ、セルビア、韓国、タイ、チュニジアです。そしてウルグアイ。

ヨーロッパの情報筋によると、リストは2週間ごとに改訂して国を含めるか除外する必要があります。

欧州の提案は、国がいくつかの疫学的基準を承認リストに載せるように設定しており、特に過去14年間で、10万人あたりのCovid-19の新規症例の割合(EUの平均)が16に近いかそれ未満日々。しかしまた、テストの実施を含め、パンデミックと戦うために国が制定した措置と同様に、安定する傾向または新しいケースが減少する傾向もあります。

しかし、AFPによれば、いくつかの加盟国は、中国を含む第三国から提供された疫学データの信頼性は「問題がある」と判断した。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です