Covid-19の危機を抑制するための取り組みは、仕事を維持する手段として、週あたりの労働時間を削減することについての世界的な議論を巻き起こしました。

ドイツ最大の労働組合であるIG Metallは、自動車業界の失業を制限する方法として、4日間の就業日を提案しています。これは、ドイツが週平均労働時間が34.2で、週平均36.2時間であるヨーロッパの平均である国の1つであるという事実にもかかわらずです。

Eurostatは最近、2019年のヨーロッパ諸国での週平均労働時間に関するデータを公開しました。アルバニアのデータは欠落していますが、INSTATは2016年以降の最新情報を報告しています。

しかし、ユーロスタットとインスタットのデータを比較すると、アルバニア人はヨーロッパで最も長く働いている国の1つであり、週あたり約43時間であることがわかります。

実際、バルカン諸国全体の方が長く働いています。記録はモンテネグロによって保持され、週44.4時間、マケドニア(41.3)、セルビア(42.3)です。トルコ人は46.4時間で最も働きます。

オランダ人の仕事はヨーロッパで最も少なく、年間29.3時間です。

INSTATによると、アルバニアでは、最長労働時間は45.8時間で製造部門にあります。貿易、輸送、ホスピタリティ、ビジネスおよび行政サービス、44。8時間。建設中、作業は1週間で42.7時間続きます。州の従業員は39.8時間と、国でより少ない労働します。

時間の削減についての議論

グローバル経済フォーラムは、労働時間の短縮に関してヨーロッパで議論があると書いています。ドイツでは、労働大臣は連合の考えに反対しています。労働力の70%を一緒に雇用している企業を代表するドイツ雇用者協会連合会の理事は、タイムズ紙に次のように語った。

週の短縮というアイデアは数年前からあり、有名な擁護者もいます。

昨年、日本マイクロソフトは、労働者が3日間のフルタイムの週末を利用する実験の間に、売上高がほぼ40%増加したと述べました。フィンランド首相サンナマリンは、就業日を8時間から6時間に短縮することを望んでいます。そして、2019年、当時英国国防長官を務めていたジョンマクドネルは、労働時間を10年以内に32時間に短縮することを提案しました。ニュージーランドのジャシンダアーダーン首相はまた、観光を後押しし、パンデミック後の回復への道を国に戻す方法として、週の短縮を提案しています。

他の人たちは、ダウンサイジングが地球に利益をもたらし、生産性を改善し、メンタルヘルスを助ける-ワークライフバランスを大幅に改善することに加えて主張します。

。モニター