モーリシャス沖で少なくとも17頭の死んだイルカが発見されました (アルメニア)


モーリシャス沖で少なくとも17頭の死んだイルカが発見されました。環境活動家は、死因は日本の船からの油流出であった、または当局が船の一部を沈めたと言います。

しかし、漁業大臣は、「一目で」のイルカの死は流出とは関係がないと述べた。

彼は少なくとも2匹のイルカがサメに噛まれたと言った。

これらは、難破以来のイルカの死の最初の報告です。これまでに、多くの死んだ魚やエビが上陸しました。

死んだイルカの出現は住民を怒らせた。

イルカの多くは死んでいたが、弱体化したり死んだりしているイルカもいた。



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です