メンドーサ:2歳の少年が灌漑用水路に落ちたときに溺死した (アルゼンチン)


警察筋によると、2歳の少年が木曜日の朝、州都から約10キロ離れたメンドーサの町マイプの農場で両親が働いていたときに灌漑用水路に落ちたときに溺死した。

事件は午前10時ごろ、ロカ通りとサンマルティン通りにある農場を通る灌漑用水路で発生しました。その理由は、確立されつつある理由で、少年が水に落ちて溺死したときです。

その場所での最初の調査から、両親が農場で働きに出かけ、叔母の世話をして子供を置き去りにし、不注意で子供が立ち去って灌漑用水路に落ちたことが明らかになりました。両親は叔母の苦悩に気づき、運河の水路に沿って子供を探しに行きましたが、数メートル後、橋の下で彼の体を観察しました。

すぐに、両親は運河に入り、橋の構造の一部を壊して息子を救出しました。息子はマイプの町のメトラウ病院に運ばれました、と情報筋はテラム機関に説明しました。

勤務中の医師が子供を診察し、スタッフが彼を復活させる努力をしたにもかかわらず、彼らは彼の死を確認したので、現在、その管轄の検察によって事実が調査されています。

出典:Telefe Noticias

CM-CP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です