メニュー。アルジェリアのコロナウイルス:7月24日金曜日の結果から覚えておくべきこと (アルジェリア)


アルジェリアでのコロナウイルスの流行による被害から最初に覚えておかなければならないのは、1日で新しい汚染事例が記録的に増加し、国土全体で675の新しい感染が記録されたことです。前回のレポートは、昨日木曜日から617件の新しいケースがありました。

増加と減少を伴う市松模様の1週間後、金曜日に流行の通行料は新しい記録のピークに達し、アルジェリアを1日700回の汚染というマイルストーンに近づけました。

一方、金曜日には別のマイルストーンが交差しました。流行の開始以降に特定された26,000の陽性症例のマイルストーンです。現在、アルジェリアには26,159件の症例があります。

3番目に覚えておくべきことは、アルジェでの疫学的状況の悪化が続いていることです。過去24時間で52の新しい症例が記録され、感染の総数は2,572になりました。

状況はまた、全国で1日に最高の症例数(+82)を診断し、合計で1,909症例となったオランでも安心できません。オランのウィラヤは、アルジェ(2,572ケース)、セティフ(2,340ケース)、ブリダ(2,287ケース)に続いて、最も影響を受けたウィラヤの中で4位です。 5位では、トップカルテットのはるか後ろ、合計974ケースのバトナのウィラヤです。

4番目に覚えておかなければならないのは、コロナウイルスが完治したと宣言された人の数が、過去24時間で新たに324人と継続的に増加していることです。流行が始まってから合計で17,693人がCovid-19と宣言されましたが、1日で治癒した人の数は汚染の数よりも少ないままです。

死者数は安定しており、過去24時間以内に新たに12人が亡く​​なり、合計で1,136人が亡くなっています。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です