ムンバイ近郊の建物の倒壊で10人が死亡し、25人までが恐怖に陥る (オーストラリア)



インド西部で3階建ての住宅が倒壊した後、10人が死亡、25人までが閉じ込められる恐れがあります。

当局によると、インドの金融首都ムンバイに隣接するビワンディ市での事故は、月曜日(現地時間)の午前3時40分頃に発生したとのことです。

国家災害対応部隊(NDRF)の救急隊員は、4歳と7歳の2人の少年を含む19人を瓦礫から引きずり、住民から大きな歓声を上げました。

「死者の総数は10人です…救急活動が進行中です」とNDRFの指揮官、イタペパンディットは述べました。

NDRFの局長であるSatya Narayan Pradhanは、専門家チームと探知犬が別の「閉じ込められた恐れのある20-25人」を救出しようとしているとツイートしました。

ビワンディを監督するターネ市当局の当局者は、40人以上の救急隊員が生存者の捜索を支援していると語った。

NDRFの公式Twitterフィードで放送された画像は、頭上に電線が垂れ下がっているコンクリートとレンガの瓦礫の中をとかしている救急隊員を示しています。

事故の原因はすぐには明らかではありませんでしたが、建物の倒壊は、 インド6月から9月のモンスーン。古くてガタガタした構造物が何日も降り続いた雨の後で曲がっています。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です