ミシオネスでピクニックエリアを実施するために団結した夜の教会とビジネスグループ (アルゼンチン)


僧侶とボウリング場のオーナーの共同作業により生まれたポサダスの「グルポ・ラ・ロカ」ピクニックエリアには、50人以上の恵まれない子供たちが参加しています。


司祭ヘルバシオシルバが率い、夜のビジネスグループの経済的貢献により、2月24日、ポサダスにあるソルデミシオネス地区に「ラロカ」ピクニックエリアが開設され、その日以来50人以上が恵まれていませんでした。その地域の子供たちは食糧を受け取り、精神的および経済的に支援されます。

場所は、前述の近所の家6、ブロックB、通り212、角135にあります。

ピクニックエリアは明確な組織と連携しています。ItaembéGuazúNeighborhoodのJesúsMisericordiosoParishのSilva神父は、ダイニングルームとグループ「LaRoka」(その名前の付いたposadeñoボウリング場の所有者)の組織と運営を担当しています)は、子供たちを養うために必要な製品や要素を入手できるようにするための経済的貢献をするものです。

  • また読む: 3人の隣人が近所の男の子のためにピクニックエリアを設立しました

ピクニックエリアの写真:

LD-CP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です