マグニチュード7.2の地震が日本を襲った後の負傷の即時報告はありません (オーストラリア)


土曜日に東北地方で地震が発生し、2011年の災害で壊滅的な被害を受けた地域が襲い、1メートルの津波が発生し、建物が揺れました。

気象庁によると、マグニチュード7.2の地震は、深さ60 kmの午後6時26分(AEST午後7時26分)に宮城県の海岸を襲った。

津波警報はすべて約1時間後に解除された、と放送局NHKは国民に海岸近くに行かないように警告した後言った。

死亡または負傷の即時報告はありませんでした。

東京電力は、福島第一原子力発電所に異常は発見されなかったと述べた。2011年3月の大地震により、炉心溶融と大量避難が発生した。広報担当者は、近くのダイニ施設にも異常はなかったと述べた。

原子力規制当局は電子メールで、東北電力の女川原子力発電所に異常はなかったと述べた。

東北電力ネットワークのウェブサイトによると、宮城県は一部の地域で停電が発生していた。

NHKは、東北新幹線の運行が停止されたと語った。

小野寺静恵さんは、市内で働いている店から、「ひどく、左右に長く揺れていました。先月の地震よりも長かったのですが、少なくともここの建物は大丈夫です」と語った。石巻の。

「たくさんのボトルが床にぶつかった」と彼女は言った。 「電気がついています。」

続きを読む

オーストラリアは福島の原発事故と深く「関係」している

地震は、2011年3月11日のマグニチュード9.0の壊滅的な地震から、日本が10年を迎えてから間もなく発生しました。この地震は、津波と福島のメルトダウンを引き起こしました。

いわゆる三重災害は、宮城を含む日本の北東部に影響を及ぼしました。

沿岸地域の住民の中には、土曜日の夕方に勧告が出された後、高台に逃げたと言った人もいます。

「10年前のあの日を思い出した」と石巻市の男性が丘の上の公園に逃げたときにNHKに語った。

「その日の経験のおかげで、私は素早く動いた。私の心は激しくドキドキしている」と彼は言った。

仙台支局内からのNHKの映像で、揺れに続いて約30秒間揺れている天井から吊り下げられたプラークを示しています。棚からの落下や即時の損傷は報告されていません。

震源地の南約400kmの東京で地震が感じられた。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です