ポーランドの首相は中絶抗議の中で「野蛮主義」の終焉を促す (オーストラリア)


ポーランドの首相は、「野蛮主義」の終焉を求めて、国中の怒りの抗議に火をつけた中絶に関する非常に物議を醸す裁判所の判決を擁護しました。

ポーランドでは、レイプを除くすべてのケースで、母親の命が危険にさらされている場合に中絶を除外するという評決に反対するデモが6日間続いています。

マテウシュ・モラウィッキ首相は火曜日に記者団に対し、「攻撃、野蛮、破壊行為は絶対に容認できない」と述べ、暴力的な抗議行動は「エスカレーション」につながる可能性があると警告した。

続きを読む

抗議者たちは、ポーランド中絶のほぼ全面的な禁止をめぐってポーランド中の教会を標的にしている

判決をめぐるカトリック教会での一連の抗議の後、「宗教的シンボルや教会への攻撃は許可されないだろう」と彼は述べた。

首相は、「ポーランド共和国の利益が価値のある人は誰でも、今日の状況を落ち着かせようとするべきだ」と述べ、大規模な抗議行動はコロナウイルス感染のさらなる急増のリスクがあると付け加えた。

主にカトリックの国であるポーランドには、すでにヨーロッパで最も制限の厳しい中絶法がいくつかあり、多くの女性が妊娠を終わらせるために海外に旅行しています。

人々は、憲法裁判所による最近の判決に抗議し、10月26日にポーランドのワルシャワで中絶をほぼ全面的に禁止しました。

人々は、憲法裁判所による最近の判決に抗議し、10月26日にポーランドのワルシャワで中絶をほぼ全面的に禁止しました。
ゲッティイメージズ

しかし、憲法裁判所は先週の木曜日にさらなる制限を支持する判決を下し、損傷した胎児の中絶を許可する既存の法律は憲法と「両立しない」と述べた。

判決は、議員が裁判所に判決を求めた、統治するナショナリストの法と正義(PiS)党の立場と一致している。

与党の反対派は、女性に実行不可能な妊娠を強いることで女性の命を危険にさらしていると述べているが、支持者は、ダウン症と診断された胎児の中絶を止めるだけだと主張している。

ポーランドではすでに年間2,000件未満の合法的な中絶があり、その大部分は胎児の損傷が原因で行われています。

人々は10月26日にポーランドのワルシャワで抗議します。

人々は10月26日にポーランドのワルシャワで抗議します。

しかし、女性グループは、最大20万件の手続きが違法または海外で行われていると推定しています。

判決は上訴することはできませんが、法のジャーナルに掲載された場合にのみ発効します。

判決に対するさらなる抗議は、今後数日で計画されています。



この記事は外部ニュースサイト( www.sbs.com.au )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です