ポリティコ。トルコのクリスチャンにとって、アヤソフィアの決定はもう一つの打撃でした (アルメニア)


アヤソフィアをモスクに変えるという決定は、トルコのクリスチャンにとってもう一つの打撃だったとポリティコは書いている。

この動きは、イスタンブールで唯一のギリシャ語の新聞、Apoyevmatiniの所有者であるMinas Vasiliadisにとって驚くべきことではありませんでした。 「アヤソフィアの問題は新しいものではない」と彼は言った。

トルコのクリスチャンは用心深く、それについてほとんど話しません。たとえば、6月のイスタンブールのアルメニア総主教は、聖ソフィア大聖堂での典礼の再開を支持しましたが、キリスト教徒とイスラム教徒の両方に祈りの場を提供することを提案しました。

ヴァジリアディスも注意深く言葉を選びました。 「その決定を称賛する人々がいます。決定は、彼らが誤解されているかもしれないので、彼らが言うことを注意深く都市にいるクリスチャンに強制します。

判決の前に、総主教のWarflomeiは、多くのクリスチャンをイスラム教に反対することになると警告しました。

しかし、トルコのクリスチャンは反対のことが起こるのではないかと恐れています。

「イスラム主義と民族主義の雰囲気は、トルコのクリスチャンの生活を不快なものにしています。イスタンブールのアゴス新聞の編集長、エドワード・ダンジキアン氏は、「寺院をモスクに変える決定は緊張を引き起こすだろう」と述べた。

彼によると、この決定はトルコ保守党政府による最後のナショナリストのステップでした。

ポリティコによると、クリスチャンは1914年に現代トルコの人口の約20%を占めましたが、虐殺は1915年のアルメニア人虐殺を含む20世紀前半に発生し、150万人のアルメニア人が亡くなりました。

今日、この国には正教会のギリシャ人、アルメニア人、およびアッシリア人を含む、推定10万人のクリスチャンがいます。

「この決定に反対するのは正教会のコミュニティだけだと思う​​。クリスチャンはこの問題に特別な注意を払わず、トルコの内部問題だと考えている。 「この寺院をモスクに変えることを支援する集会を組織した活動家のエムレセリクは、この決定に満足することは不可能です。

Danzikyanは彼に同意しません。 「私はいつも聖ソフィア大聖堂の世界遺産を見てきました。それは世界のものだといつも思っていました。世界遺産を失ってしまったのは残念です。」



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です