ポサダスとエンカルナシオンを結ぶ橋を通って、1日あたり60〜70人がパラグアイに入る (アルゼンチン)


サンロケゴンザレスデサンタクルス橋を通って毎日60〜70人がパラグアイに入ります。 「私たちの国の扉は完全に開いています。適切なネガティブPCRがあれば、希望するすべての人が入ることができます」とパラグアイ領事のRolandoGoiburúは述べています。


RolandoGoiburú-RadioRepública

パラグアイへの交差点の日常の運用に関して、ゴイブルは、パラグアイ人であろうとアルゼンチン人であろうと、Covid-19テストが陰性であり、衛生対策を尊重している限り、誰でも問題なく全国に出入りできることを確認しました。

同様に、Posadas-Encarnación輸送サービスはまだ有効になっていないため、渡る人は専用の携帯電話を持っている必要があります。

ただし、少なくともこのステップでは、アルゼンチンへの帰国は制限されたままです。 「私たちはアルゼンチンの基準を尊重します。各国は主権者であり、国が下す決定は尊重されなければなりません。私たちに関しては、Covidが落ち着くようになったという基準にオープンであり続け、自分たちの面倒を見る方法を学ぶ必要があります」とパラグアイ領事は述べました。

一方、彼は、エゼイザ-アサンシオンのフライトが有効になっており、保健省が関連するネガティブなCovid-19テストを要求していると述べました。

ZF-A



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です