フランス:コロナウイルスの影響を最も強く受けたマグレブの人々 (アルジェリア)


L’Expressが報告した国立統計経済研究所(Insee)のデータによると、マグレブ諸国で生まれた8,300人が2020年3月と4月にフランスで亡くなりました。

これは、マグレブで生まれた5,400人がフランスで亡くなった2019年の同時期と比較して、約54%の急激な増加です。

INSEEからのデータがすべての死、すべての原因を含む場合、3月と4月は、フランスを含む世界中で多数の死を引き起こしたCovid-19コロナウイルス病のパンデミックによって思い出されました。

フランスでは、2020年3月と4月の間に、合計で129,000人があらゆる原因で死亡しました。この数字は、102,800人が亡くなった前年の同時期と比べて25%増加しています。

マグレブ諸国以外のアフリカ諸国(アルジェリア、チュニジア、モロッコ)で生まれた2,000人も、今年の3月と4月にフランスで亡くなりました(2019年の同時期には900人)。1600アジアで生まれた人々の死亡も2020年3月と4月に記録されましたが、2019年3月と4月には半分(800人)でした。

フランス国外で生まれた人々の死亡者数の大幅な増加は、彼らが一般に人口密集地域、特にイルドフランスに居住しているという事実によって説明できます。

これはCovid-19の影響が最も大きい地域であり、2020年3月から4月に死亡した人の92%が、2019年の同時期と比較して死亡しています。この文脈では、マグレブで生まれた人の3分の1とINSEEによると、アフリカとアジアの別の国で生まれた人のうち、フランスで生まれた人の16%がイルドフランスに住んでいます。

さらに、INSEEは、マグレブ国で生まれた雇用者の14%と他のアフリカの国で生まれた人々の15%が医療従事者、看護助手、救急隊員の間で働く「キーワーカー」であることを示しています。 、法執行機関、公共交通機関、消防士、ベンダー、配達人、洗浄剤。これらのカテゴリーはパンデミックの間も活動を続け、汚染のリスクに最もさらされていました。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です