フランス国境の再開:アルジェリア人は関係ない (アルジェリア)


アルジェリア人は、7月1日からEUへの入国が許可されている15か国のリストが作成された後、期待どおりにフランスに旅行できなくなります。

アルジェのフランス領事館は7月9日木曜日にプレスリリースでアルジェリアに居住する人々は制限の解除の影響を受けないと発表しました。

「フランス政府は、シェンゲン圏の他の国と同様、7月1日にアルジェリアをフランスへの入国制限を受けない国のリストに含めないことを決定しました。 Covid-19の流行に伴うリスクの防止に動機づけられています。したがって、シェンゲン圏外の国境からフランス領土への進入に対する制限は、アルジェリアの居住者に対して引き続き効力を持っている」と述べた。

6月30日火曜日、27のEU加盟国は、居住者がEUおよびシェンゲン諸国への旅行を許可されている州の最終リストを検証しました。

アルジェリアに加えて、リストにはオーストラリア、カナダ、ジョージア、日本、モンテネグロ、モロッコ、ニュージーランド、ルワンダ、セルビア、韓国、タイ、チュニジア、lウルグアイは中国と同様に、後者の国もヨーロッパ国民に国境を開くことを条件としています。

使用された基準は、旧大陸のそれと「類似またはより良い」でなければならない疫学的状況であり、過去14日間でCovid-19の新規症例の割合が10万人あたり16に設定されました。

過去10日間のアルジェリアでの汚染事例数の急増は、フランス当局とシェンゲン圏の他の国々が国境をアルジェリアに居住する人々に開かないという決定を下したことは間違いありません。

また、アルジェリアは、3月中旬以降、コロナウイルスのパンデミックを食い止めるために講じられた措置の一部として、閉鎖された国境の再開の日付を設定していません。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です