フォルモサで2番目のコロナウイルスの症例を確認 (アルゼンチン)


これは、18歳の男性で、ブエノスアイレス市から戻った5月30日から、その州で強制検疫を行っていました。

18歳の男性が今週木曜日にフォルモサでCovid-19と診断され、その州で2番目に確認された症例となりました。患者は、ブエノスアイレス市から到着した5月30日以降、隔離されていました。

フォルモサの政府大臣ホルヘゴンサレスは、これはブエノスアイレスで勉強している少年であり、5月30日以降、ファンパブロII予防宿泊センターで178人の他の人々と一緒に隔離されていたと説明しました。

ゴンザレスは記者会見で、今週の水曜日に腹部痛と下痢を感じたと報告し、彼の症状は「疑わしい事件」の定義には含まれていないが、彼は地区病院No.フォルモサの8。

「フォルモサでは、検出するのが最も難しい症例を見つけていることを強調する必要があります。これは、昨日以前に報告されたものなどの無症候性の人々の症例と、今日では検出されず、非典型的な症状を示す症例です国のプロトコルによる「疑わしい事件」の定義」とゴンサレスは言いました。

綿棒で得られたサンプルは、フアンドミンゴペロン高複雑性病院の分子生物学研究所に送られ、コロナウイルスの新しい陽性例の検出が報告されました。

ゴンサレスは、フォルモサへの秩序立った管理された入場プログラムが、今週水曜日から道路上にある国の南からのバスを除いて、遮断および制御プロトコルの実施が完了するまで中断されることを確認した。

フォルモサは2つの州の1つであり、カタマルカは火曜日に最初の陽性が検出されるまでその地域でコロナウイルスの症例がありませんでした。ブエノスアイレスから到着した医師で、現在18歳の学生に加わっています。彼は、パンデミックの影響を最も受けた地域の1つである同じ地区から旅行しました。

ただし、保健アクセス大臣のカーラヴィッツォッティは、最後の数時間で検出された陽性が「輸入」され、居住管轄に割り当てられたため、Formosaは公式記録で「ケースなし」で継続していると説明しました。

同じ論理で、学生のケースもブエノスアイレス市のアカウントに追加され、フォルモサのマーカーを壊さないと想定されています。

出典:Minute One



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です