ファテアルバトメの住民が抗議し、南基金の活性化を要求 (アルジェリア)



木曜日の朝、ファイドアルブトマの自治体の若者と市民は、自治体の本部の向かい側にある殉教者の記念広場「Xian Al-Bouhali」で平和的な抗議行動を組織し、州内の南側を南部支援基金の恩恵を受ける州内に含めることを要求しました。

抗議者たちは「南部の基金、要求ではなく権利」というスローガンを掲げ、「Faidh Al-ButmaとMusaadの住民は南部地域と同じ特権を与えられるように要求しています…」

南側の地方自治体(マサドの行政区)は地理的に南部地域開発基金の恩恵を受ける5つの州(ビスクラ、ワルグラ、ガルダイア、ラグアトであり、谷の州との国境からそれほど遠くない)の地理的に位置しているため、抗議者は要求を正当化しました。

締めくくりのメッセージとして、抗議者たちは共和国の大統領であるアブドゥルマジードタブン氏が率いる国の最高当局に、彼らの要求を考慮し、南基金の利益からの利益を拡大するよう要求しました。

そしてこの立場は、今週初めにマサド市の人々が同じ懸念を要求するために取った平和的立場を支持するものです。



この記事は外部ニュースサイト( www.djelfa.info )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です