パンデミック:台湾の航空会社がどこにもフライトを提供し、すべてのチケットを数分で販売した (アルゼンチン)


台湾の航空会社、スターラックスは、どこへも飛ぶという特別なオファーを開始しました。会社が説明するように、旅行は「短時間の飛行機」で構成され、飛行機は桃園国際空港から離陸し、国境を越えずに島の上空または近隣の国々に到着し、出発点に戻ります。

フォーカス台湾と台湾のニュースサイトで報告されているように、スターラックス航空のオファーは成功しました。 5分で188席がすべて売り切れました。 4,688台湾ドル(約160ドル)の値で。

JX-8888飛行機は8月7日午前11時に離陸し、台湾の東海岸を飛行してから、南に向かってフィリピンに向かい、同じルートで戻りました。 船の操縦士は会社の社長であるChang Kuo-wei、 「現実の継承ドラマから」「プリンスハムレット」として知られています。

3時間の飛行中、乗客は写真を撮ることができ、このため航空機は通常よりも低い高度で飛行しました。さらに、ツアーには、ミシュランの星を授与されたシェフによって準備されたアジア料理のさまざまなオプションを備えた船内料理が含まれていました。

また、免税品のギフトセットや割引特典も受けました。

同社が呼んだ「マイクロエアトラベル」は、 飛行のスリルを逃した人のためのユニークな体験、 コロナウイルスのパンデミックによりほとんどの国際便が運休状態にあるときに収益を生み出すための新しい方法。

StarLuxは人気があるため、このタイプのフライトをさらに編成する予定ですが、 他の台湾の航空会社、チャイナエアラインおよびEVAエアも同様のオファーを行いました 父の日、これもベストセラーでした。

エバー航空は、台湾北東部を飛行し、その後日本の琉球諸島へのフライトに利用可能な309席を販売しました。一方、チャイナエアラインは、6歳から10歳までの子供向けに両親を連れて特別旅行を提供しました。チケットはわずか6分で完売しました。

これらの体験は、観光がいくら中止されても、旅行をしたい、または少なくともそれに最も近い体験をしたいという兆候です。これは、この独創的な提案に正しく頼った台湾の航空会社によってよく理解されていました。

TNフォント

AD-CP + EP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です