パリのグレートモスクの牧師は、フランス製品をボイコットするよう呼びかけていると非難している (アルジェリア)


パリケムズ大モスクの牧師-エディーンハフィズは、イスラム教の預言者の物議を醸す風刺画をフランスの都市で配布した後、いくつかのイスラム教国で発売されたフランス製品のボイコットの呼びかけを非難します。

「私はフランス製品をボイコットするという呼びかけを強く非難します。彼らは常に政治的目的のためにイスラム教を使用してきた人々から発せられます」ハフィズ氏はソーシャルネットワークのツイッターで言った。

パリの大モスクの牧師は 「私たちの国、フランスの信用を傷つけることを目的としたこの誤った宣伝に直面したすべてのイスラム教徒の警戒」。

昨年1月、ダリル・ブーベクールの辞任を受けて、フランコ・アルジェリアンの弁護士であるハフィズ氏がパリのグレートモスクの長に選出されました。彼は昨年1月にアルジェリアのアブデルマジッドテブーン大統領に迎えられました。パリのグレートモスクは、主にアルジェリアによって資金提供されています。

10月16日金曜日にパリ地域で預言者の似顔絵を生徒に見せた教師の首をかしげた後、ハフィズ氏はヨーロッパで非難しました1 「恐ろしい行為、共犯と追跡を伴う意図的な殺人」、 この攻撃が彼を思い出させたと主張する 「アルジェリアの80年代の終わりと90年代の初め」。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です