ニコラス・トロッタ:「2021年度を3月に開始することを提案します」 (アルゼンチン)


教育大臣のニコラス・トロッタは、「水曜日に連邦評議会と一緒に来年の教育カレンダーの作成を開始する」と発表し、「3月に授業を開始することを提案する」と述べた。

現在の学年については、「近年の男子の延長である」と明言し、「4月30日まで延長される別の学年」と定義した。彼はまた、「自動昇格はない」と明言した。

「水曜日に、連邦評議会とともに、来年の教育カレンダーの作成を開始する」と彼は予想した。彼は、2月に教室に戻ることを奨励するブエノスアイレス市の提案とは異なり、「3月に授業を開始することを提案している」と説明した。

「コロナウイルスが残した問題は、あと2、3週間の授業では解決できないことを私たちは知っています」と彼は付け加えました。

Trottaは、「私たちは、さまざまな管轄区域で、学生に同行する計画を計画している」と述べました。

授業の再開と対面活動について、関係者は、フォルモサ、サンルイス、ラパンパ、サンタフェ、エントレリオス、ブエノスアイレス、ブエノスアイレス市など、スキームが異なる7つの州があることを想起しました。学生の小グループとの学校以外の教育活動で。

ブエノスアイレス州の場合、「管轄区域によると、学校に関連する感染症はなかった」と確認したトロッタ氏によると、対面授業のプロセスを開始した地区は20を少し超える。

市については、「一部の学校では、消毒と密接な接触の隔離という行動と迅速な反応を実行している肯定的な事例がある」と指摘した。

トロッタは、「少年たちの社会教育的結びつきを保留にすることは非常に難しい」ことをもう一度認め、「最終決定は省によってではなく、各知事または知事によってなされる」ことを想起した。

一方、CNNラジオとの対話で、当局者は、彼が受け取った世論調査は、「社会には多くの恐れがあり、人口の半分は子供を学校に行かせず、残りの半分は恐れがない」と述べた。 »。

「私たちはCovid-19と一緒に暮らす必要があるため、今日私たちが行うすべてのことは、学年をより良いスタートにするために不可欠であると認識していますが、安全に他の国の経験を大切にしています」と彼は言いました。 。

出典:スコープ

ZF-CP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です