セロ・コラでの放棄と虐待のために救出された馬、リッキーは亡くなりました (アルゼンチン)


救助は8月17日に近隣住民、地方自治体、FundaciónLibre Relincho de Posadasのメンバーによって実施されました。コミュニティの連帯のおかげでリッキーが受けた血清と薬の集中的なケアと寄付にもかかわらず、ウマは抵抗せず、昨日の朝、その命を失いました。

FundaciónLibre Relinchoのメンバーは、ほぼ2週間前に馬が過酷な健康状態にあることを知らされていました。この電話のおかげで、彼らはポサダスからセロコラの町に移動して救助を行うことができました。救助は、同様の状況にあるすべてのウマに対して行う仕事です。

リッキーは、栄養失調の状態で、溝に入れられ、殴打され、耳が切られ、体に何度も打たれたことがわかりました。彼の最初の状況は非常に深刻で、先週、複数の治療法と無数の甘やかしにより改善を示しましたが、リッキーは完全に回復することができませんでした。

«今日は私たち全員にとってものすごく悲しい日です。数時間前にリカルドはより良い場所に出発しました。今日、私たちは魂の穴と答えを見つけることができない質問を残しています…彼が彼の人生のために戦うままにされるまで、どのような「人間」が無防備な動物を虐待しますか?今日、私たちが流した涙は、彼らの権利のために戦い続けるためのより多くの力を私たちに与えました。十分な動物虐待!!!虐待者のための十分な免責事項!これは私たちがあなたを思い出す方法で、私たちがあなたに電話するたびに明るくて微かに反応​​します…«財団がFacebookページに残したメッセージでした。

放棄された状態の馬を見つけた場合は、メールOrganizacionlibrerelincho@gmail.comまたはFacebookの«FundaciónLibre Relincho»に連絡してください。

VD-EP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です