スポーツ:ファブリシオオベルトは、「ゴールデンジェネレーション」に参加してマキシバスケットワールドカップをプレーしたいと考えています。 (アルゼンチン)


45歳の彼は、この考えについて以前の同僚と話したことを認めた。 「私たちは、2022年にオーランドで開催されるマキシバスケットワールドカップに集まるというアイデアを持っています。私はすでにいくつかのゴールデンジェネレーションを称賛しましたが、時が来て、彼らが私たちを獲得する場合も»、コルドヴァンはホセエルナンデスクラブとのズームによる講演で発表しました。

2004年にアテネでオリンピックのチャンピオンになり、元NBAだった元バスケットボール選手のファブリシオオベルトは、ゴールデンジェネレーションに参加して、 2022オーランドのマキシケワールドカップ、 アメリカ。

「大きな問題は、私たち全員が好きなトレーニングセッションを生き残ることができるかどうかを知ることです。いくつかの小さなものはブロックから病気になりました。 私たちは競争力のあるチームを持っているでしょう。もう一度遊んでよかったです「45年の要旨を追加しました。

笑いながら、彼はオリンピアミラノ、カルロスデルフィーノ、ウォルターヘルマンから「非常に良好な状態」で出発した後、フリーエージェントのルイススコラと一緒に到着すると述べた。

オベルトは、このアイデアを実現するのは非常に難しいことを明らかにしました。私たちはそれについて何度か話しました。トレーニングは私たちを複雑にします。それが良いでしょう。 それは良い考えですが、今のところ私はそれを見ていません«。

一方、サンアントニオスパーズでの元NBAチャンピオンは、男女平等のための戦いで女子バスケットボールチームをサポートしました:«ジャイアンツは声明を発表し、私たちは皆、女の子が同じ権利を持つのを助ける必要があると思います。私がクリニックをするときはいつでも、それらは混合されました。彼らがすべてを壊すので、彼らが示されることができることが重要です」とコードバンは言いました。

マタデロスインスティテューションの100人の少年少女がバーチャルトークに参加し、ほぼ1時間半続きました。

TNフォント

広告



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です