シリーズ「危機はチャンス」から。アンドラニク・テバニアン (アルメニア)


「Politeconomia」研究所のディレクターであるAndranik Tevanyanが彼のFacebookページに書いています。

シリーズから「危機もまたチャンス」。 「足にキスしたい」

公式統計によると、今年の前半では、2019年の同時期と比較して、州の総予算収入は41,801.9百万ドラム減少しました。

アルメニア共和国の州の債務は、2019年12月31日のものと比較して、今年の6か月間で211億879.4百万ドラムまたは3億97586万ドル増加しました。

6月30日現在の公的債務は77億ドルを超えており、これは昨年のGDPの56.7%です。

ここに、コロナウイルスの流行の状況におけるそのような「機会」があります。しかし、それは重要ではありません。重要なことは、誇り高い市民が人々の僕の足にキスしたいということです。」



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です