シラクでは621人の市民が自宅での自家隔離を指導しています。 93は陽性と診断されました。内政 (アルメニア)


6月9日11時30分現在、ギュムリ感染症病院で75名の患者がコロナウイルスの治療を受けており、そのうち42名はシラク地域の住民である。 NEWS.amはShirak MarzpetaranのFacebookページからこのことを学びました。

シラク地域の住民192人がコロナウイルスから退院し、これまでに病院から退院しています。現在、シラク地域では621人の市民が自宅での自家隔離を指示しており、うち93人は無症候性の病気で陽性と診断されており、その管理は一次医療システムによって行われています。

28人の患者が首都に連行された。死亡10件が登録されました。

5月12日から6月8日まで、3月1日から今日まで、シラク地域の医療機関の国立疾病管理予防センターの地域センターで2575個のサンプルが収集され、1252個のサンプルがギュムリで収集されました。



この記事は外部ニュースサイト( news.am )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です