コロナワクチン接種:「死亡はなく、深刻な副作用もありませんでした」 (アルジェリア)


1月30日土曜日に開始されたアルジェリアのCovid-19ワクチン接種キャンペーンは継続中であり、今週の木曜日または明日金曜日までにロシアのワクチンスプートニクVの新量の到着により加速すると予想されます。

健康面では、このキャンペーンは大きな事故もなく行われています。コロナウイルス病Covid-19に対するワクチンの投与は、アルジェリアでのワクチン接種キャンペーンの開始以来、死亡や深刻な形態の報告はありませんでした、と3月10日木曜日に国立センターの局長であるNadjetLoumi教授は保証します。とmateriovigilance。

「」 死亡や重篤な副作用はありませんでした 「」

「」 私たちはアルジェリアでスプートニクVとアストラゼネカのワクチンを接種し始めましたが、副作用はまったく深刻ではないことがわかります。 「、TSAとのインタビューでLoumi教授を確認し、これらの効果が次の形で現れることを明記しました」 微熱、無力症、他のすべてのワクチンで起こり得るような体の痛み “。

「」 予防接種を受けた人口の約10%が副作用を報告していると見なすことができます。これらの副作用のうち、ほぼ80%は、本当に扱いやすい軽度の発熱があり、問題なくすぐに消えます。 »、国立ファーマコビジランスセンターの局長は言います。

「」 Covidワクチンの結果として発生した副作用の報告はほとんどありません 「ルーミ教授を安心させ、それを強調する」 これまでのところ、このワクチンは問題を引き起こしていません。死亡や重篤な副作用はありませんでした。これらは非常に扱いやすい副作用であり、予防接種を受けた人口の約10%にしか影響しません »、彼女は維持します。

|また読む: ロシアとイギリスのバリアントワクチンの受信:Derrar博士による更新



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です