コロナウイルス:TLSContactがアルジェリアのセンターを再び閉鎖 (アルジェリア)


6月末にアルジェリアでTLSContactセンターを再開したことで、数日間国に影響を与えたコロナウイルスの発生に耐えることができませんでした。

今週水曜日、通信事業者はアナバとオランのセンターの閉鎖を、「フランス総領事館からの指示」とCovid-19コロナウイルスのパンデミックに関連する「危機のため」で再び発表した。

TLSContactは、この驚くべき決定を正当化する他のいかなる説明も提供しませんでした。これは、フランスのビザ申請のためにこれら2つのセンターを再開した2週間後のことです。

専門サイトVVA(visa-algerie.com)によると、この閉鎖は2つのセンターでコロナウイルスの2つの症例が発見された後で決定されました。1つはアナバで、もう1つはオランでした。

これらの2つのセンターの再開に日付は与えられていません、その閉鎖は国の東部と西部地域からのビザ申請者を罰するでしょう。アルジェの場合、フランスのビザ申請を処理するVFSGlobalセンターは引き続き営業しています。

アルジェリアは6月末以来、Covid-19の発生に直面しており、今週水曜日には、新しい感染例が毎日記録され、554の新しい感染がありました。前回の記録は昨日(527件の新しいケース)でした。



この記事は外部ニュースサイト( www.tsa-algerie.com )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です