コロナウイルス:Covid-19で入院した患者がポサダスで死亡し、パンデミックの開始以来、州ではすでに7人の死者が出ています (アルゼンチン)


ミシオン州保健省が発行した疫学報告書によると、今週の日曜日、ポサダスでコロナウイルス患者の死亡が確認され、パンデミックが始まって以来、ミシオンの死者の総数は7人になりました。患者は併存症を持っていた。

一方、コロナウイルスの6つの新しい症例が追加されました。2つはポサダス、2つはプエルトイグアス、2つはオベラで、すべて確立された疫学的関連があります。

これにより、コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、ミシオネスの陽性の総数は361例になります。合計で59のアクティブなケースがあり、そのうち5つは入院したままです。

プエルトイグアスは、コロナウイルスの患者数が最も多い都市であり続けており、合計で21人です。続いて、ポサダス(20)、プエルトエスペランサ(4)、オベラ(3)、エルドラド(2)、サントピポ(2)、サンイガンシオ(2)、ワンダ(2)、プエルトピレイ、プエルトリベルタッド、ガルパが1件各。

AD-CP + EP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です