コロナウイルス:症状を示さない人は、咳、粘液、発熱を伴う人と同じくらい伝染性です (アルゼンチン)


科学的研究では、ウイルスに感染していて症状がなかった人のウイルス量は、兆候を示した人で観察されたものと同様であることが確認されています。

パンデミックに関する新しい科学的証拠 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)(#文字数制限がない場合、初出時にかっこ書きを追加 無症候性の患者は、これまでに世界保健機関(WHO)が言及した症状(熱、喉の痛み、頭痛、鼻づまり、臭いの欠如、および/または味、下痢または嘔吐。

Soonchunhyang University Hospital(韓国、ソウル)の内科の研究者によって行われた研究では、コロナウイルス感染症の症候性および無症候性の両方の患者において、ウイルス量の結果の値が示されていますそれらは両方のケースで類似していた。ウイルス分子の放出は長引いた。

「SARS-CoV-2の無症候性患者による感染はコミュニティの拡大の主要な要因となる可能性があるため、無症候性患者の集団監視と隔離が必要になる場合があります」と学術誌JAMA内科で発表された分析は述べています。 。

学者たちは、症状のない患者のウイルス量は、粘液を分泌し、高熱、咳、痰を吐く人と同じくらい高いことを発見しました。この発見は、無症候性の患者がウイルスを広める可能性と同じであることを示しています。

研究には、ウイルスに感染した303人の患者が関与した。それらはすべて、韓国の天安にある地域治療センターに隔離されていました。隔離時に110人の参加者(全体の36.3%)が無症候性であり、21人(19.1%)が拘束後に症状を発症した。

調査時に症状を示した193人の患者の場合、最も頻繁に見られる症状は、咳、鼻づまりと分泌物、喉の痛み、味覚異常(嗅覚の低下)、味覚異常(感覚の知覚の変化)でした。味)、下痢、腹痛、嘔吐。研究参加者のほとんどは、22歳から36歳までの若者でした。

SARS-CoV-2感染症の患者は長期間無症状のままであり、ウイルス量は症候性患者のそれと同様でした。したがって、症状に関係なく感染者の隔離を行う必要があります。

隔離の評価は連続20日間続きました。結果は、症状のある参加者のウイルス量が、症状のない患者に比べてゆっくりと減少する傾向があるという証拠を提供しました。

出典:TN

VD-CP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です