コロナウイルス:新たに33人が死亡、全国で4,556人が死亡 (アルゼンチン)


今朝、保健省によって発表された数字により、パンデミックが始まって以来、アルゼンチンでは241,811人の確定例が確認されています。

保健省は本日、コロナウイルスによる別の33人の死亡を報告したので、パンデミックの始まり以来の累計の死者数は4,556人に達し、合計で241,811人が確認された。

発生率は10万人あたり533例で、年齢の中央値は37歳であり、疾患の影響を受ける人の6.9%は医療従事者であると、健康戦略次官のアレハンドロ・コスタは述べた。

ケースの81.8%はブエノスアイレスの大都市圏(AMBA)に集中しています。

国のコロナウイルスの死亡率は1.9%で、死亡率は100万人あたり100人で、平均年齢は73歳です。

ブエノスアイレス市とブエノスアイレス州では、集中治療を受けている患者が1502人、85.4%であり、全国のベッドの56.3%とAMBAの65.8%を占めています。 。

病気で苦しんでいる人の数が67,146である一方で、回復した人の総数は170,109人です。

また、昨日15,163の新しいサンプルが取得され、集団発生の開始以降、この疾患の診断テストが845,220実施されたと報告されています。これは、100万人あたり18,626.7サンプルに相当します。



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

COVID 19 /保健省:24時間で4人の命が失われ、85人が回復し、171人が新たに死亡​​した 保健省は本日、国内の疫学的状況について通知しました。過去24時間で、4人の犠牲者がおり、952回の検査で85人が治癒し、171人が新たに症例を出しました。 過去24時間に確認された陽性症例は、以下の自治体で確認されています:65症例..。 (アルバニア)

COVID 19 /保健省:24時間で4人の命が失…

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です