コロナウイルス:州への入国に陽性反応を示した男性はミシオネスへの入国を拒否されました (アルゼンチン)


昨日火曜日正午にブエノスアイレスから到着した30歳の県民です。彼はテストがセンチネルポストで実行されることを要求し、結果を知った後、彼は自分の出身地に戻った。

ブエノスアイレス出身のアルゼンチン海軍県のメンバーは、 Covid-19コロナウイルス そしてn健康プロトコルに示されているように、ティエラコロラダへの入り口の1つが州への立ち入りを拒否されました。

政府省からミシオネスオンラインまで詳しく述べたように、 30歳の県民 コリエンテス州とミシオネス州を区切る「センチネルポスト」に昨日火曜日に到着した。。ティエラコロラダに入場したい人には必須のCovid-19証明書がなく、12 HS前後に到着しました。

彼らはコロナウイルスと互換性のある症状を示さなかったので、 その男は旅行して綿棒を国境に持っていくことに決めていました。 サンプルは、これらのタスクを実行するために現場にあるセバックラボのスタッフが採取しました。 結果は肯定的だったので、保健省の当局は彼が州に入るのを拒否しました。

ミシオネスに入るには、対応する流通許可が必要であるだけでなく、6月30日以降、負のCovid-19証明書が必要であることを覚えておいてください。この費用は、関係する市民が負担し、 48時間の最大有効期間。興味のある方は、州の入国管理局で受験することを選択できます

LD-EP



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です