コロナウイルス:各州の集中治療室の占有率はどのくらいか (アルゼンチン)


国民保健省 各州の病院がどれほど忙しいかを説明するレポートを発行しました。

の最後のレポートで 「パンデミック発生以来の保健体制の強化」 成人の集中治療室(ICU)の占有に関する各州の状況を説明する国の保健省の、国のベッドの45.1%が現在占有されていることが詳述された集中療法。

上記の情報の内訳では、占有ICUの割合が最も高い州はサンタフェであり、67%が現在使用されていますが、ベッドの占有率が最も低い場所はチュブで、17レポートで説明されている使用中のベッドの割合。

さらに、大部分の感染者がAMBAに集中している国のパンデミックの震源地であるブエノスアイレスの市と州の状況に重要な重点が置かれています。情報によると、この地域のICUの占有率は51.3%に達していますが、ブエノスアイレスの自治都市だけを数えると、占有率は49.8%です。

これは、コロナウイルスの患者を対象とした400の集中治療ベッドのうち196(49%)がCABAに占有され、ブエノスアイレスの公立病院の適度な患者が利用できる1,500の一般ベッドのうち740(49%)が、健康。考慮すべきもう1つの要因は、42のホテルとコスタサルゲロレスガーゴセンターに、特別なケアを必要としない軽度の患者とその結果を待っている容疑者の合計5,000人を占める2,425人がいることです。 48%占有のベッド。

ブエノスアイレス州の病院長であるフアンセバスチアンリエラ氏は本日、ブエノスアイレス郊外の集中治療用ベッドの平均占有率は65%であり、そのうち20%にコロナウイルス患者がいると語った。 、そしてその需要の増加を警告しました。 「郊外のセラピーベッドの平均占有率は65%で、そのうち20%はCovid-19によるものです」とRieraはRadio La Redの声明で述べています。

「平均して85%が占有されている病院や、ある時点で需要の100%をカバーするようになったフィオリート(アベラネダにある)などの能力を満たしている病院がある」と当局は後に述べた。ヨーロッパとアジアの国々がどのように進化しているかを見る可能性もありますが、私たちは冬にピークに達します。冬はベッドが他の病状によっても最も占有されている時期です»。

出典:Financial Scope



この記事は外部ニュースサイト( misionesonline.net )から自動的に日本語翻訳されたものです。

Related Articles

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です